バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 出産の記録
2月18日(水)
9:00頃助産婦さんから電話がかかってきて、計画出産になったことを告げられる。実はこの日朝食を採っていなければ、この日すぐに出産に来ていいわよ、とのことだったのですが、既に朝食を採った後だったので翌日に。


2月19日(木)

出産当日の日はこんなに快晴!
[Photo by.ルイを預かってくれたお友達]
自分自身もルイと同じ月齢の子供がいるのに
一緒にギャルドリーに連れていってくれたり
夜までいろいろとお世話してくれて。本当に感謝です!
zenちゃん、ありがとう〜!!
一緒に遊んでくれたjunちゃんもありがとう!
続きを読む >>
| comments(10) | - | 22:19 | category: 妊娠・出産 |
# 助産婦検診&行ってきます
先日工事が終了したばかりのエレベーターが故障したようで再び使用停止状態・・。しっかりよろしくお願いいたします・・。

***

さて、火曜に再び、助産婦さんによる診察へ行ってきました。

・実施項目は下記のとおり。
------------
モニタリング
血圧測定
尿検査
体重測定(妊娠前より+8.0キロ)
子宮長測定
子宮口チェック
------------

ちなみに、この日モニタリングが一緒だったある妊婦さん、モニタリングをしながら旦那さまに売店で買ってきてもらったショコラショーを飲んでました・・。アリ?
別の妊婦さんは、靴を履いたままベッドの上で寝てモニタリングしてるし。いろんな妊婦さんがいるものです。

さて、この日の診察の結果も問題なしだったわけですが、私の血液検査の結果を踏まえて、一応ドクター・助産婦さん諸々が最終的に話し合った結果、計画出産することになりました。以前、ジネコのDr.Dが「もしかしたら早く産むことになるかもしれないけれど、それはきっと20日くらいだろうなー、そうすると予定日(25日)とさほど変わらないね」と言っていたのだけれど、その通りとなったわけです。

本日19日の朝一で病院に向い、陣痛促進剤を使って出産に臨みます。今回は子宮口がちゃんと開いて、緊急帝王切開にならないといいけれど、こればっかりは何があるかわかりません〜。

ちなみに前回同様、前日夜24時から飲まず食わずで来てくださいと言われました。前回はこれで翌日朝まで飲まず食わずだったので辛かった思い出が・・。なので、昨日の夜はいっぱい食べてパワーつけておきました〜(でも既に朝起きた時点で空腹感が・・)。

ではでは、第二子出産行ってきまーす。


| - | - | 07:10 | category: 妊娠・出産 |
# エコー&助産婦さんによる診察 2回目
2月6日(金)にエコー、10日(火)に助産婦さんによる診察を行いました。

この時期にエコーを行ったのは、以前書いたとおり、血液検査で気になった項目があったため。が、この時点でエコーではその影響は見られず、すべて問題なし。べべの体重は約2700gとのことでした。


そして、助産婦さんによる診察。

・実施項目は下記のとおり。
------------
モニタリング
血圧測定
尿検査
体重測定(妊娠前より+7.0キロ)
子宮長測定
子宮口チェック(2僂曚紐いていてべべも下がってきている)
------------

血液検査で気になる項目、と書いたけれど、正確に説明するのが難しいので何が問題かを書くことは避けますが、出産時にべべが黄疸や貧血になる可能性が多少なりともあるそうです。でも、私の場合はそれほど大きな問題に至るケースではなく、ここまで詳しく調べるのねぇと感心するほど。でも産まれてから気づくより、産まれる前にこういう可能性を示唆されていろいろ検査しておくというのは安心かもしれませんね。
でもそのおかげで、ルイの時には2回で終わった助産婦さんとの診察もまだまだ続きます。来週1回、そして予定日までに産まれる兆候がなければ、予定日の2,3日前にもう1回。産院は近所ではないし、ルイをだんなさんに預けていかなければならないので、こればっかりはちょっと面倒。やっぱり病院は近所の方が楽ですね・・。

さて、子宮口が既に2儚いているので、もしかしたら予定日より早く産まれる可能性もありですね。最近は前駆陣痛も頻繁だし、歩いているとべべが下がってくる気配がものすごくします。

ちなみに、初産の時とは違って、出産前に気になるのは自分のことではなくて、ルイのことばかり。やっぱり分娩はだんなさん立会いで行いたいので、その時だけはルイを連れていくわけにはいかないのです。夫婦お互いの両親や親戚が近くにいるわけではないので、頼るべきは友達や知人。とてもありがたいことに、そんな私たちのためにルイの面倒をみてくれると言ってくれる人達がいるので、なんとか安心して出産に望めそうです。
それにしても、前回は予定日まで産まれなかったのでゆったり気分で病院に向かいましたが、いつ産気づくかわからない出産ですからね、今回は出産前にどれだけバタバタするんでしょうね。
| comments(0) | - | 23:27 | category: 妊娠・出産 |
# 助産婦さんによる診察
28日で終了する予定だったアパートのエレベーター工事ですが、当然のごとく(!)何の連絡もないまま(!!)工事が続いております。うちのだんなさんは工事が終わってもすぐに乗りたくない・・と言ってますが、でもそろそろエレベーター生活に戻りたい・・。あぁ、でも臨月の大きなお腹でも、10キロのルイと荷物などを担いで階段を上ってもなんとかなるもんですね。さすがにそれを1日3回やらざるを得なかった日の夜は恥骨が痛くて痛くて大変でしたが、ま、このくらいではまだまだ生まれそうはありません。

*****

さて、この日は出産する国立病院で、助産婦さんによる診察がありました。

先日助産婦さんから電話があり2週間後にランデブーを取ってあったのですが、最近受けた血液検査で気になる項目があったので、小児科医の判断によりモニタリングとエコーを行うことになりました。

・本日の実施項目は下記のとおり。
------------
モニタリング
尿検査
体重測定(妊娠前より+7.0キロ)
子宮長測定
------------

ちょっと気になる項目、と言っても、まず妊婦にはまったく問題がなく、べべが貧血になる可能性があり得るということで念のためモニタリングとエコーをやった方がいいと産院の小児科医が判断したということで、助産婦さん曰く、あまり心配することではないらしい。
とりあえずは本日のモニタリングの結果は問題なし、べべは元気だそうです。

来週はエコー、再来週に再び助産婦さんによる診察があります。予定日まであと3週間ちょっと。べべ出産準備の荷造りもそろそろ終わるところです。






| comments(0) | - | 07:32 | category: 妊娠・出産 |
# 最後のジネコ検診
いよいよ妊娠生活も残すところあと1か月(予定では)。

お腹はどんどん苦しくなるし、恥骨もどんどん痛くなってきたし、お腹が張る頻度も高くなってきたし、相変わらず眠たいのに、眠りがだいぶ浅くなってきました。

さて、この日はDr.Dとの最後の検診に行ってきました。前回同様、出産病院で実施です。

・本日の実施項目は下記のとおり。
------------
血圧測定
尿検査
体重測定(妊娠前より+6.0キロ)
べべの心音確認
子宮チェック(子宮はまだしっかり閉じているとのこと)
------------

一か月前にして+6キロなんて、ルイの時に比べたらかなり優秀な妊婦さんなのだけど、この数値本当にあってるのだろうか・・。数値以上に体中に肉がついていそうな気配がするのだけれど・・。

36週に行った骨盤スキャナーの結果とエコーの結果をみて、Dr.Dも普通分娩でいけそうだね、と言っていましたが、出産病院側で最終確認をして決定を下すとのこと。

次回からは助産婦さんによる検診に切り替わります。
いよいよラストスパート。

| comments(4) | - | 22:52 | category: 妊娠・出産 |
# 骨盤のスキャナー
骨盤のスキャナーを取りにいってきました。

妊娠36週頃に骨盤の大きさと赤ちゃんの大きさを調べて、今回出産する際に帝王切開をするかどうか決めるとのこと。前回帝王切開だったのでこのような測定を行うことになりました。骨盤の大きさは本日行ったスキャナーで、赤ちゃんの大きさはエコーで測定します。

今回もエコーと同様、専門の施設にて実施。

測定の結果。べべの大きさにももちろんよるけれど、骨盤の大きさ・形などからしても、とりあえずは問題なさそうとのこと。
そうなんです、私はたぶん骨盤の広さは問題ないと思ってたし(Dr.Dもよく言ってる。笑)、ルイも超巨大児ではなかったので、たぶん子宮口が開かなかった原因はべべが骨盤を通れないために下りてこられなかったということではないんだろうなぁと思ってました。
あの時は人工破水させたのでタイムアップがあったのですが、例えば破水させずにあと何十時間も待っていたら、ゆっくりゆっくりと開いたかもしれないし。でも体質や当日の体調などのせいってのもあるし、陣痛があっても子宮口が開かない理由はいろいろあるんでしょうね。

なので、今回のスキャナーとエコーの結果、帝王切開じゃなくてもOKという結果が出たとしても、お産当日何があるかわからない。また緊急帝王切開になる可能性もあるってことで。

ちなみに、プリントアウトしてもらった結果はかなり鮮明で、自分の骨はもちろんべべの骨もしっかり見えました〜。背骨も足の骨も。そしてべべの頭も骨盤にすっぽり収まってました。なかなか見られない画像ですからね、この結果を見られただけでも、測定した甲斐があったかも、なんて嬉しい気持ちになったのでした(でも骨の周りについた自分の贅肉の厚さは見たくなかった・・汗
| comments(10) | - | 23:28 | category: 妊娠・出産 |
# 3回目公式エコー
公式エコーもいよいよ最後の3回目。
1、2回目はルイとだんなさん3人一緒に行ってたのですが、今回は一人で訪問。

これまでの機械と変わったらしく、機能はバージョンアップしたのかもしれないけれど、画面が少し小さくなってました。さらにべべの体は大きくなっているので、各機能の詳細は見えるけど全体像は見にくかった。いつもより水を少ししか飲んでいかなかったせいもあるかも(エコー前は大量に水を飲んでいくように言われます。トイレが近い妊婦にとってこれはかなりキツイのであります)


ある程度綺麗に見えた横顔がコレ→。
ルイと似てるかな??とりあえず鼻は私に似ず、低くはなさそうなので安心 笑。


各機能も問題なし、大きさも問題なし、子宮頸管の長さも問題なし、ということで今のところ安心です。胎動も日に日に激しくなっていくし、お腹の中ですくすくと育っているようです。

| comments(2) | - | 19:23 | category: 妊娠・出産 |
# 妊娠糖尿病検査 再び

ママの大きなお腹に触ったり、太鼓のようにたたいたり(!)
つっぷしたりするのが大好きなルイです。
赤ちゃんの存在を理解しているのか相変わらず微妙ですが
赤ちゃんを見かけるとすぐに近寄っていきたがります。
赤ちゃんに興味津々な模様。



0〜1度が当たり前になっていた寒い寒い最近でしたが、久し振りに寒さが緩和されたこの週末。8〜9度という数字を見て、「あぁ今日は暖かいわ〜」なんて嬉しい気分になってしまう。でも8度なんて決して暖かい気温ではないのよね・・。まだまだ東京より寒いくらいかな。

さて、この土曜は朝一で毎月恒例の血液検査に行ってきました。重い重い足取りで・・・。というのも、今回はトキソプラズマの検査以外に妊娠糖尿病の検査も追加で実施しなければならないから。ルイ妊娠時にも実施しましたが、一度採血をした後に砂糖水を飲んで、2時間後に再度採血をします。(妊娠糖尿病についてはコチラが役に立ちそうです)

以前実施した時は、コップ1杯の水にグルコースの塊がゴロゴロ。頑張って溶かしてもなかなか溶けきれず、気持ち悪いけど塊含んだ水をなんとか飲みほしたっけ。あれは本当に気持ち悪かったし、飲んだ後も気持ち悪かった・・。

でも今回は嬉しいことにこの砂糖水が改善!甘い水なことに違いはないけれど、レモンのような酸味がついていて、かなり飲みやすくなってました。朝食抜きのお腹の中に甘い甘い水が入るのは気持ち悪いけれど、でもこれなら我慢できる。前回もこれだったら、ここまで嫌な気分でラボを訪れるはめにならなかったのになぁ・・・。

ま、でもなんとなく気分すぐれない状態で、しかも大きいお腹でラボの椅子に座ったまま、2時間待機はかなり辛いものがあります。出来れば寝っ転がっていたかった〜。そんな妊婦さんがこの日は3人。

日本だと、尿検査でひっかかった人のみがこのような血液検査をするのかな。フランスでも同じようにすればいいのに〜と思わないこともないですが、でもま、妊娠時の避けたいあらゆるトラブル、検査して悪いことはなしですもんね。とりあえずは何も問題ないことを期待して結果を待ちます。

| comments(4) | - | 23:44 | category: 妊娠・出産 |
# 7ヶ月目検診
私の妊娠も、フランス式7ヶ月目(26週)に突入。
あとまる3か月もすれば、第二子を出産しているのかと思うとビックリですが、でも日に日に大きくなるお腹から早く解放されたいなぁと思ったりも。ま、でもまだまだ生まれては困りますので、もうちょっとべべにはお腹の中で大きく育ってもらいましょ。

さて、この日はDr.Dのところへ検診に行ってきました。ルイは39度の発熱中だったので、一度もベビーカーから下りず、ぐったりと静かに座ったまま。
小児科医でもあるDr.Dは、単に発熱と言ってもいろいろあるから、耳を気にしてたり、様子がおかしい場合はすぐに連れてきてね、と言ってくれました。ルイが通っている小児科はDr.Dではないですが、基本的にDr.Dの所は連絡すれば当日でも診察してくれることが多いし(土曜の午前もやってるし)、担当小児科医で予約が取れなかった時にも心強い存在だなぁと思います。

本日の実施項目は下記のとおり。
------------
体重測定(妊娠前より+4.5キロ)
尿検査
べべの心音確認
子宮チェック
血圧測定
------------

すべて問題なし。お腹の張りも特になし。
いよいよ恐怖の妊娠糖尿病検査の処方箋をもらいました。あの砂糖水飲みたくないなーーー。
ちなみに次回は出産する国立病院内にてDr.Dと検診を行います。



*今回の処方箋*
・血液検査(トキソプラズマ・妊娠糖尿病検査)
・第三回目公式エコー

*医療費*
65euros
後日、SS,ミューチュエルにて払い戻し
| comments(0) | - | 23:59 | category: 妊娠・出産 |
# 妊娠中の坐骨神経痛
安定期に入って、全く問題なかった妊婦生活。

が、突然左側のおしりが痛くなりました・・。

変な姿勢で座ったかしら?と思ったのだけど、もしやと思って調べてみたら、やっぱりあるある。どうやら妊娠中に坐骨神経痛に悩まされる人がいるらしい。

妊娠に伴い骨盤が緩むに従って、尾骨や仙骨、腸骨の関節の痛みを引き起こしたり、坐骨神経が子宮に圧迫され腰から足に痛みを感じるそうです。鍼灸で症状を軽くしたりする人もいるそうですが(日本だと“トコちゃんベルト”なるものも良いらしい)、強い痛み止めも飲めませんからね、基本的には治るまで我慢するしかなさそうです・・。

ルイの時にはまったく感じなかった痛み。おしり自体の痛みはまだ我慢できるんですが、時折脚の付け根と膝関節の内側に走るピキーンとした痛みがツライ。とりあえず冷えが禁物なようなので、お尻あたりにカイロを貼ったり(笑)、坐骨神経痛に効くホメオパシーを飲んだりとあがいていますが、妊娠後期に向ってますます骨盤が緩んでいくわけで、きっと痛みはしばらく消えないんだろうなぁ。歩けなくなるほど痛くなっては困るし、ひとまず脚・腰への負担を小さくするためにも体重を増えすぎないようにしなくては。



| comments(15) | - | 20:24 | category: 妊娠・出産 |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links