バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# パリに帰ります
2008年1月1日、成田発の飛行機に乗ってパリへ帰国。

お昼発の飛行機だったのだけれど、ぎりぎりのリムジンバスだと不安よ、と予約センターの方に言われ、早朝に成田空港に到着。行き同様、ルイを疲れさせる作戦でいっぱい遊ばせたのですが、興奮するのか、飛行機の中ではなかなか昼寝せず。結局こんな風(→)に昼寝したのはたったの1時間だけで、あとはずっと起きたまま・・。かなり疲れましたが、でもみんなに愛想をふりまいたり、本当に良い子でした。近くの席だった方たちもルイと遊んでくださって、感謝です。


パリ滞在中は日本に一時帰国しないかもと思っていたけれど、今の時期にルイを連れて一時帰国することができて本当に良かった。久し振りにたくさんの友達に会えて、また何年かパリで生活するためのエネルギーを蓄えてきたといった感じ。日本ありがとう〜。お友達ありがとう〜。

| comments(0) | - | 09:49 | category: 日本 |
# 血のつながり


両親にルイを紹介する、残念ながら現実的には叶わないのですが、今回の一時帰国でお墓ごしにルイを紹介してきました。
両親が既に他界してしまったことはもちろん残念、特に自分が出産してからより強く思うようになりました。少しでも良いからルイに会わせてあげたかったな、私が赤ちゃんだった時の子育ての話を聞いてみたかったな。

でもかわりに姉にルイを会わせてあげることができました。姉夫婦とランチしたり、お墓参りにもつきあってもらったり、姉と個別にランチしたり。写真では見せてはいたけれど、やはり実物はかわいいようで、姉はルイのことが大お気に入りに。そしてルイも全く嫌がらず、遊んでいました。
このころあまり人見知りもせず、いろんな友達にもなついて抱っこしてもらったり遊んでもらったりはしていましたが、どう見ても姉のことが一番気に入っていた模様。会う回数とは関係なく、まさしく、ママと血が繋がっているのを何か感じているかのように。きっとそうなんだろうな。
そう考えるとますますじいちゃんばあちゃんにも会わせてあげたかったけど、でもこれからもおばちゃんにいっぱい可愛がってもらおうね、ね、ルイ。

| comments(0) | - | 23:02 | category: 日本 |
# 日光一泊旅行
日本滞在中ずっと仕事をしていただんなさん、28日からようやく仕事から解放。ということで、急遽宿を予約して29日、30日と日光へ一泊旅行へ行ってきました。
雪見温泉に入りたかったので日光湯元の方まで行きたかったのですが、直前に予約したのでめぼしい宿があいておらず断念。日光東照宮の近くの宿にしました。
ルイがいるから素敵すぎるお宿に泊まってもね・・ということでランクを少し下げて決めた宿だったのですが、これがけっこう良かった。なんと全部で20畳ほどの部屋。ルイもハイハイし放題!




先日の箱根温泉と同様、ここでもだんなさんはルイを連れて温泉に入ってくれたので、私はのんびり一人風呂。それにしても本当に日本の水は良い!柔らかい!日本に着いた直後から洗髪後の髪の輝きや洗顔後の肌のうるおいが違うと感じていましたが、温泉に入ったらもっとしっとり、素晴らしい。やっぱり硬水っていうのは、体に痛いよね・・。(で、当然のごとく、パリ到着後はすぐにパサパサ髪、バリバリ肌にもどったのでした・・汗

そして、夕食は湯葉尽くし。もう何年分もの湯葉を食べた気分。ひきあげ湯葉を食べた後ににがりを入れて作ったおぼろ豆腐も美味でした。満足。



そして翌日は観光。


日本三大奇橋の一つに数えられるという神橋



観光メインはやっぱり日光東照宮





日光東照宮の神厩舎
「見猿・聞か猿・言わ猿」との記念撮影はやっぱり外せない〜。



前日から天気が悪く、この日も雨模様だった日光。雪にはならないものの、けっこう寒かったです。それにしても日光東照宮は相変わらずの人気。紅葉時期や新年よりはかなり空いている方かもしれませんが、日本人をはじめ、アジア諸国の方々などなどたくさんの観光客で賑わっていました。


そして最後におみくじ。
2007年の最後にひいたおみくじは2007年の運勢を占うのかもしれないが、そこは神様に特別に許していただいて、2008年の運勢を占う。もちろんルイも自分で人生初のおみくじ。結果は小吉。パパとママは揃って大吉だったのだけど(笑)。いずれにしても2008年、良い年になりますように。



| - | - | 22:37 | category: 日本 |
# 日本で食べたものたち
2年ぶりの日本。
おいしいものもいっぱい堪能してきました。と言っても、常にルイがいるわけで、少々かしこまった所とか、夜遅くの外食とかは行けず。でもそれでも幸せ。

やっぱりはずしちゃならないお寿司に焼き肉。お好み焼き、定食屋さんの大きなカキフライとか、豚カツ、イタリアンなどなど。滞在中に2,3度リピートしたものも結構ありました。




そしてテイクアウト・おやつ系。

紫野和久傳」のれんこん菓子“西湖”。ずっと食べたいと思っていたもの。
これは今回日本で食べた甘味物の中では一番お気に入り。もちもちとした食感に、和三盆のやさしい甘さがふんわり。
だんなさんの実家に年始に帰る姉にも勧めたところ、大好評だったのだとか。うーん、また食べたい!!


これも和菓子。虎ノ門「岡埜栄泉」の豆大福。昔は豆大福(の豆)はあまり好きではなかったけれど、味覚が変わったからなのか、これが本当においしいからなのか、豆もとてもおいしくいただけました。しばらく日本を離れていたからということもあるかもしれないけれど、歳をとったからということもあるかもしれないけれど、本当に和菓子は美味。日本茶と和菓子でかなりゆったりほっこり気分になれます。


京都の「鶴屋吉信」の“つばらつばら”。2年前に雑誌『Brutus』で日本一の手土産に選ばれたそうです。もっちりとして、甘さもくどくなく、おいしかった。でも上の2品の方が、私としては手土産としては上にランクつけするかも。


グラマシーニューヨーク」の“栗と和三盆のロールケーキ”。スポンジふわふわ、栗ごろごろ、そして和三盆の上品な甘さ。こういうケーキはなかなかパリでは食べられないだけに、とてもおいしく感じます。


そして、三軒茶屋の「濱田家」のパン。世田谷通り沿いにあるのですが、知らない人はパン屋とは想像つかないような佇まい。和風です。
自家製ひじきときんぴらごぼうのパン(右側)が美味しかった。ふわふわのパンに、濃い味付けのお惣菜。こういうパンも日本ならでは。


キムカツ」の“ゲンカツさんど”。今回とんかつを食べる機会がなんと3回もあったのだけれど(!)、ミルフィーユカツを食べてみたくて、ランチにテイクアウト。柔らかかった、けど、次はカツサンドではなく、トンカツで食べてみたいな。


ちなみに上記のほとんどは玉川高島屋のB1で購入。近くにデパ地下があるって素敵♪

もちろんこれ以外にもいろいろ買い食いしました。単なるコンビニ商品もおいしかったし、スーパーで買ったものもおいしかったし、商店街で売ってた今川焼もおいしかったし、焼き芋もほくほく甘くておいしかったし、昔から好きだった「アンデルセン」の“長時間発酵食パン”も何度も食べました。
そしてそして、お店のものだけなく、パーティなどで食べた友達の手料理の数々、お台場の夜景の見える友達の家で食べた神戸牛しゃぶしゃぶとか、友達と楽しい時間を過ごしながらの食事は最高でした。
でも今回食べきれないものがまだまだいっぱい。それに、新商品天国JAPONだし、次また日本に行ったら新たなおいしいものがいっぱい登場してるかも。

| comments(0) | - | 23:55 | category: 日本 |
# 滞在中のルイの遊び場
日中は仕事のだんなさんをおいて、ルイ連れで精力的に友達に会いまくった4週間。ちなみに今回は三軒茶屋のウィークリーマンションに滞在したのですが、なるべくは近隣まで友達に来てもらってランチしたり、時には電車で1時間半くらいかけてお出かけたりしてました。

友達の家にお邪魔させてもらう時は問題ないのですが、じっとしていられない月齢(というか、性分なのか・・)なので、外食はこれまた大変。ちょうどタイミングよくお昼寝してくれらば本当にラッキー、でもそんなことは稀でたいていは歩きたがるルイをごまかしながらの慌ただしい食事やカフェになることが多かったです。

そんな中で友人と会う時に一番利用したのは玉川高島屋。パリに来る前に住んでいて好きな場所だったということもありますが、何より子供連れが多いので利用しやすいというのが理由。

まずは、お茶ならSTARBUCKS。ここのスタバは子供連れの人でも利用しやすいように“トドラーズ ラウンジ”があります。子どもが座れる低いイスがあったり、絵本やおもちゃも置いてあったり。大人はカフェをしながら、子供を遊ばせておけるし、とても便利。
そのせいか、本当に子連れでいっぱい!!!ここのスタバも昔よく通ったけれど、こんなに子連れママさんがいっぱいいるとは思わなかった。というか、前より断然増えたような気がするのは気のせいかしら?


そして、庭新館6階のソファスペースや庭園もちょっと気分転換に遊ばせるために使える場所。これ以外にも館内、至るところにソファがあるので、ちょっと休憩にも便利。


そして友人との約束の日々の中でも、なるべくルイの時間を作ってあげるようにしました。

そのために一番よく通ったのが、三軒茶屋にあるキャロットタワーの展望ロビー。ショップかオフィスしか入っていないとばかり思っていたので全く立ち寄ろうなんて思ってなかったのですが、うちのだんなさんが、三軒茶屋のスタバで出会った欧米人パパさんからこの展望ロビーで子供を遊ばせているママが多いという情報を教えてもらったのだそうです。

けっこう広いので、ちょっと歩く練習させたりするのにもってこい。朝9時半から使用可能なので、友達と会う前に行って、ルイを思う存分遊ばせて疲れさせたり。そして友達と会った後にも行って、またストレスを発散させたり。
ちなみにルイは、ここでリラックスしているおばあちゃんたちに大人気でした〜。


そして時には駒澤公園でもお散歩したり。


週末にはだんなさんも一緒に代々木公園へ。紅葉がちょうど綺麗で、落ち葉好きのルイも大満足。



時間があれば児童館にも連れていってあげたかったけれど、今回はそこまで出来ず。それにしてもパリに比べて、都内は公園を探すのが少し大変だなぁと感じました。ただ知らないだけで、探せばいっぱいあるのかな?みんなどこで遊んでいるのかな?
| comments(0) | - | 18:19 | category: 日本 |
# 初対面☆yocchinaちゃん
妊婦時代にブログを通して知り合ったニース在住のyocchinaさん。ルイと1日違い生まれの息子くんがいて、成長の様子とか性格とか、なんとなくルイと似ているところが多いような気がしていて、ぜひとも会いたいなぁとずっと思っていたのでした。

以前私がニースを訪れたのはちょうどyocchinaさんに知り合う直前。いつかまたニースを再訪問できればと思っていたのですが、今回同じタイミングで日本一時帰国することになり、彼女は東京ではないけれど同じ関東圏内ということで、初対面を果たすことができました。

片道80分弱の電車旅。なぜか東京の電車大嫌いのルイで、毎度毎度暴れたり泣いたりするので心配していましたが、お菓子&ジュース作戦でごまかしごまかし無事乗り越えました。

長時間の移動でストレスがたまっているかと思いきや、yocchinaさんの家に着いた途端、我が家のように遊びだすルイ。突然お客さんがきて最初ちょっとキョトンとしていたyocchina息子くんよりもはるかに楽しそうに遊んでいたかも。

ちなみに、この1か月でルイはけっこう食べるようになったので少しだけ大きくなったけれど、でも二人はほとんど同じサイズ。同じ月齢とか少し年下の子の中でもいつもルイは小さめだっただけに、同じ月齢で同じサイズのお友達と遊んでる姿がなんか新鮮。
でもyocchina息子くん、ルイよりもさらに顔が小さくて目がクリっとキリっとしててほんとかわいかった!

子どもたちが遊んでいる間にママたちは、お寿司ランチをごちそうになりました。日本にきて3回目のお寿司だけど、お寿司は本当に何度食べてもいいくらい、幸せ♪
ちなみにサラダに入っていたブロッコリー、ルイがほとんど食べてしまいました。どこまでブロッコリー好きなんだか。




調子の出てきたyocchina息子くん、ルイのことをかなりお気に召してくれたようで、常にルイについてまわってお触りしてました。

ルイも本当に楽しそうに遊んでいたし、私もかなりくつろがせてもらったし(マッサージチェアまで使わせてもらっちゃう始末♪)、yocchinaさんともいろいろ話せて楽しかったし、お母様もとても優しい方だったし、ご近所だったらもっと通ってしまってたかも。フランスに戻っても気軽に会える距離ではないけれど、またいつか大きくなったyocchina息子くんとルイが対面する日が来るといいな。
またね、yocchinaちゃん!

| comments(0) | - | 23:52 | category: 日本 |
# 初温泉☆箱根
日帰りで箱根湯元へ。もちろんロマンスカーに乗って。
ちなみに私とだんなさんにとって、箱根は数えきれないほど訪れている場所。日帰り温泉とか、ハイキングとか。そして毎度毎度ロマンスカーに乗るたびに、いつも先頭に乗りたいと言っているだんなさんですが、その願いはまだ叶っておらず。今回も然り。早めに予約しないと難しいんですよね。

ロマンスカーでお弁当食べたりビール飲んだりゆったり〜なんて出来たのは、やっぱり子供がいなかった時代の話。今回は動きたがるルイの付添いで大忙しでした。



さてさて2年ぶりの箱根湯元。とても懐かしい。
昔はお土産屋さんなんて興味なかったけれど、久し振りの日本だからか、お土産屋さんを冷やかすのさえ楽しい。



そして箱根湯元の川辺でおやつを食べながらのんびり。
これも私たちにとっては恒例。そんな場所へルイを連れてこられて良かった。



そして忘れてはならぬ日帰り温泉。「天山」がけっこう好きなのですが、ここはいつも混んでいるし、お湯も確か少し熱めだったような気がしたので、ルイの初温泉にはあまり向かないかな?と思い、「弥次喜多の湯」へ。ここは駅から近く比較的綺麗なので、ここも私たちの定番日帰り温泉のひとつ。

ルイにとって初温泉!貸切風呂にしようか迷ったあげく、結局男女別れた大浴場・露天風呂へ。私が連れていくとおっぱいになってしまうので、だんなさんが男風呂に連れていってくれました。なので私は「二人で大丈夫かなぁ・・」なんてちょっと心配しつつも、2年ぶりの温泉で幸せ気分に浸ってました。さすがに二人は早めにあがるかなぁと、私も早めにあがったのですが、待合所で待てど一向に来ず。二人で温泉満喫してたそうです。そのおかげで、私は一人ゆっくり温泉にも疲れたし、温泉後のマッサージチェアでマッサージも堪能出来たし、ルイをだんなさんに託して正解。やっぱり温泉は最高!



| comments(0) | - | 19:22 | category: 日本 |
# おでんパーティ
先日クリスマスパーティーでも会ったお友達何人かと、そして会えなかったお友達も一緒に、今度はYさん宅にておでんパーティ。
またもやルイはいろんな人(特にルイの大好きな女性たちに〜)に抱っこしてもらって、一緒に遊んでもらって、大満足だったよう。こういう時、本当に私は楽ちん。抱っこしなくてもいいし♪



Yさん夫婦が仕込んでくれたおでん。
ところで、おでんにつけるものと言えば、和からしを普通思い浮かべますが、今回は白みそにゆずと和からしを混ぜたものを添えてくれました。これが大ヒット!!まぁ、今はパリでおでんを作る機会もかなり少ないのですが、今度作るときには絶対マネさせていただきます。
久々の手作りおでんは本当においしくて、私もだんなさんもたんまり食べました。ごちそうさまでした!
| comments(0) | - | 23:57 | category: 日本 |
# クリスマスパーティ


日加カップルA&C夫妻宅での毎年恒例のクリスマスパーティ。2年ぶりの参加です。そして、ルイはサンタクロースの衣装で初参加。



このクリスマスパーティで恒例なのが、エッグノッグ作り。ラム酒、卵、クリーム、砂糖、ナツメグなどを入れて作るお酒です。
いつもはAさんが前日から仕込んでくれるのですが、お仕事の関係で準備する時間がなかったので、うちのだんなさんが代理で作成。
卵をよーくホイップして、大鍋3杯分の大量のエッグノッグが完成!ミルクシェイクみたいに甘いのでガブガブ飲めますが、かなりアルコールが強いので飲みすぎ厳禁〜。


そして、みなさんが持ち寄ったおいしい食事がずらり〜。煮物など、和食系が私にとっては嬉しい限り。おいしかった♪



A&C夫妻は人望が厚く、こういったパーティではいつも大勢の友人が集います。この日も同様、どんどん人が集まる集まる。
おかげで、久々にいろんなお友達と再会できました。そしていつもブログでルイの成長を見守ってくれているお友達たちに実際にルイをお披露目でき、本当に嬉しい限り。ルイも人見知りせず、いろんな人にいっぱい抱っこしてもらって嬉しそうでした。

ルイは途中少し眠ったけれど、興奮した雰囲気になかなか本格的に寝付けなかったよう。それでも愚図ることなく、終始良い子でいてくれました。これもみんなが可愛がってくれたおかげかな。みんな、ありがとう〜。


| comments(0) | - | 23:15 | category: 日本 |
# アンパンマンに会おう〜
日本に到着した翌週からはだんなさんは横浜で開催されている学会に出席。なので日中は私とルイでお友達に会いまくりの日々が開始となりました。

この日は、以前パリにも立ち寄ってくれたmamiちゃんとお約束。毎日毎日友達との約束にルイを突き合わせちゃうのもかわいそうなので、なるべくルイにとってストレスのないようにと、わがままを言って、子供が遊べるところに付き合ってもらいました。

まずは横浜アンパンマンこどもミュージアムへ。ミュージアム・エリア(有料)とショッピング・モール・エリア(無料)に分かれているのですが、ルイにはちょっと早そうだったので今回はショッピング・モール・エリアのみをまわってみました。

平日だったのでそれほど混雑はしていませんでしたが、パパも一緒の家族もけっこう来ていました。週末だったらものすごい混むんだろうな。


さて、ショッピング・モール・エリアの一番の見どころは何といっても“ジャムおじさんのパン工場”。

こんなかわいいパンがいっぱい♪


1個300円とパンにしてはかなりお高めなのだけど、でも見たら絶対買いたくなってしまう!全種類買いたいくらいだったけれど、食べられるわけはないので、かなり悩んだすえ、アンパンマンとドキンちゃんを購入しました。

せっかくなので併設のカフェでのんびり休憩。アンパンマンの映像も流れているし、少しくらい騒いでも大丈夫そうだし、空いている平日は子供連れのお茶にはぴったりかも。かなりゆっくり過ごせそうです。


私は買ったドキンちゃんパンをさっそく食べてみました。中にはちょっと甘いクリームが入っているのだけど、特別にルイもパクリお味見。お気に召したようで、けっこう食べてました。


パン工場だけですっかり満足して、それ以外のお店はさくっと見て終了。途中、モール内でアンパンマンにも遭遇し、ルイも手をタッチしてもらいました。が、やっぱりまだまだアンパンマンには興味なし〜。

なんか今回は親の方が楽しんだ感じ。2歳くらいになったら、楽しめるようになるのかな?
それにしても、当然ながら子供がいない時にはアンパンマンなんて全く興味がなかったけれど、最近アンパンマンに共感できるようになってきました。子供に愛される理由がなんだかよくわかる。今回も日本からDVDをいくつか購入してきたので、きっとそのうちルイもアンパンマン大好きになるかもな。そしたら、アンパンマンのパンを作ってあげようっと。

さてさて、アンパンマンこどもミュージアムの後は、ボーネルンドあそびのせかいへ。

ボールプールや砂場(サンドファクトリー)、エアトラック、おままごとグッズなどなど様々な遊具、運動器具があります。子供は0歳〜12歳まで利用可能なので、かなりの年齢層で楽しめます。もちろん大人も子供と一緒に遊ぶとけっこうな運動になりそうでした。




ボールプールなんて喜ぶんじゃない?と思ったのだけど、やっぱりルイは臆病。ボールの海に放置された途端大泣きで、しがみついて離れようとせず・・。そしてトランポリンやエアトラックもことごとくダメ・・。どうやら地面が不安定な場所が怖いらしい汗

ということで、0歳児でも楽しめるベビーコーナーへ。マットを登ったり降りたり、オーボールを投げっこをしたりして、ようやく本調子になってきた模様。



気づけば知らないうちに1時間半が経過。ちなみに利用料は大人200円、子供1200円(最初の30分600円、それ以降10分ごとに100円)。意外にあっという間に時間が経ってしまうので、フリー料金(大人+子供あわせて1500円)の方がお得かも。授乳室もついてるし、フリー料金払って一日中遊んでもいいかもしれませんね。

いっぱい運動したルイはこの後スヤスヤ。おかげで、お互いのだんなさんを含めた4人での夕食はゆっくり楽しめたのでした。
mamiちゃん、いっぱい遊んでくれてありがとね!

* * *

翌朝はアンパンマンあんぱんをぱくり〜。

| comments(4) | - | 17:31 | category: 日本 |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links