バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# Les flaques d'eau
予想どおりに、天気が崩れている今週のパリ。今日も一日中雨が降ったり止んだり、でもこんな日に友達と会う約束があって良かった。家の中で一日ルイと二人きりよりは断然楽しいし時間が過ぎるのも早い。

それでも動きたがりの男の子二人、ずっと家にいるのは可哀想なので、夕方雨が途切れたすきをみて、エッフェル塔の麓、シャン・ド・マルス公園(Parc du Champs-de-Mars)へ。
ベビーカーから降ろした途端、ルイは水たまりへドボン。そう、最近ブームの水たまり。散歩途中に見つけては、水たまりに入って、足踏みジャブジャブ。そして、小さい石を拾っては水の中にポトン。

通り過ぎていく周りの人たちからは「アララー」といった感じで見られたり声をかけられたり、そんなわけで、“水たまり”というフランス語も私の頭の中にしっかりインプット。子供がいなければ、“水たまり”なんてフランス語を覚えることはなかったかも。。

ちなみに、水たまりに入ったルイの靴と靴下は当然のごとくビシャビシャ。最近は替えの靴と靴下、転んだ時用に着替えも携帯。

歩道の水たまりにはたばこの吸い殻がいっぱいだし、出来ることなら水たまりドボンはやめてほしいのだけど、ま、仕方ない、好きなようにやらせてあげよう。母はルイのために毎日洗濯頑張ります!

| comments(6) | - | 23:13 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# 断乳後の変化

この週末、いつ空から雨が落ちてきてもおかしくない厚ぼったい雲に覆われた空模様、でも気温はかなり上昇中。
そして、空の色とは対照的に、緑の色はどんどん濃くなってきました。パリのあちらこちらで点々と咲いている八重桜もすでに散り始め、緑色の葉が顔を出し始めています。ルイは落ちた花びらを拾っては、ポイっと別の場所に移動させるのに夢中のご様子。



さて、断乳から1週間が経過。断乳後のルイの変化をまとめておきます。

続きを読む >>
| comments(10) | - | 21:20 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# パン作り 楽しいな おいしいな
今日の午後は雨が降ったり、ヒョウが降ったり、変な天気だったから、
大好きなお散歩はあきらめて、おうちでママとパン作り。

ボクがお昼寝している間に、
ママがパン生地の準備をしておいてくれたんだって。

まずはめん棒でのばして。


うーん、どういう形にしようかな。


パンマットの模様をつけてみよっかな。


伸びる、伸びーる。


よし、完成!


あっ、ちょっと待って。
最後に味見しなくっちゃ!


***

絵本を読んでもらっていたら、「ジリリリ〜ン。」
オーブンのタイマーの音が聞こえたらキッチンに急げ!

へへ、焼ーけた、焼けた!
ママは「もう少し冷めるまで待った方がいいよ」って言ったけど、そんなの待ちきれないもんねっ。

う〜ん、やっぱり自分で作ったやつは最高!


ママがボクのために作ってくれたアンパンマンパン(でも中身はほうれん草コーン入りマッシュポテトなんだけどさっ)、ママは「眉と目と口を書かなくっちゃ」って言ってたけど、これも待ちきれないから、先に食べちゃった〜、へへへ。


おなかいっぱい、ごちそうさま。
ママ、また作ろうね〜。

| comments(5) | - | 23:09 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# サヨナラオッパイ
しばしブログを放置していた間に
ルイがおっぱいから卒業しました。

4月5日、生後15か月と1日の出来事。
自然卒乳ではないので、いわゆる断乳というやつですが、自発的ではないにせよ卒業は卒業。
おめでとう。


最近日本でも自然卒乳の考えがだいぶ定着してきており、WHOでも2歳くらいまでの授乳を推奨しているようです。私ももともとは自然卒乳でも良いとは思っていたし、ある日突然止めるなんてルイが可哀想だし、そもそもおっぱい大好きのルイに断乳なんてあり得ないと思っていたわけです。それに、もともと個人的に母乳育児に対する思いが強かったからか、断乳することによって何かひとつつながりが消えてしまうような気がして寂しかった。

が、いろいろいろいろいろいろいろいろ考えての決意。
食事をもっと食べてほしいなぁとか、もっと集中して眠って欲しいなぁとか、いろいろ。でも決意と言いつつ、決意してからもアチラコチラのサイトの記事を読んではココロが揺れ。授乳中のルイの姿を見て、再び揺れ。断乳のメリット、自然卒乳のメリット、それぞれあるし、気持ちがゆらゆらするばかり。でも最終的に断乳決行の決意が勝ちました!

断乳を決意してから、私の場合は1か月くらい前から1日1回言い聞かせをするようにしました。午前散歩に行く前の授乳中に、ルイの目を見て、「もうすぐパイパイ、バイバイね。」と。最初は聞いているか聞いていないかわからなかったルイが、途中から目を見開いてジロッと私のことを見るようになり、さらに後半の方からは何故かおっぱいサイン(自分の胸を掌でトントンする)をするようになりました。この変化が何を意味するのかわからないし、私の言ったことを理解しているのかわからないけれど、もともと頻繁だった授乳回数がさらにさらに増え、家にいる時はほとんど授乳しているんじゃないかというほどにおっぱいにべったりになりました。

そんなルイの最後のおっぱいの日。

「これがさいご。これでパイパイ、バイバイね。」と伝えた最後の授乳の時、何度も何度も左右変えつつ飲み続けなかなか離れず、何十分後かにようやく離れた瞬間「じゃ、もうバイバイね。」と言ったら、ゆっくり後ろに反り返ってか弱いため息交じりの声で「あーーーーー。」と言ったこと。この、ルイが断乳を受け入れた瞬間、今思い出すだけでもホロリとしてしまいます。

そして、この瞬間を境に、おっぱいが欲しくて欲しくて泣き叫ぶことは一度もありませんでした。

目覚めたらおっぱい、食事の前におっぱい、食事の後におっぱい、外から帰ってきたらおっぱい、お風呂に入ったらおっぱい、ベッドに寝転がったらおっぱい、ちょっと眠くなったらおっぱい、ちょっとつまらなくなったらおっぱい、ちょっと寂しくなったらおっぱい、ちょっと痛い思いをしたらおっぱい、いつでもおっぱい。

そんなルイがなんで?と思うほど。最初はおっぱいサインが出たり、たまに服をめくろうとしたりすることはあったものの、「おっぱいバイバイしたよね」と言うと、何も抵抗することもなく、顔を少し胸にうずめてしばし沈黙して納得します。夜眠るのもおっぱいなしではあり得なかったのに、麦茶を飲みつつ眠りにつくルイ。

断乳2日間は泣き続ける子が多いということだったので、最初の2〜3日は眠らない覚悟でいたのだけれど、驚くほどに、すんなりと断乳を受け入れてくれたルイ。毎日言い聞かせてきたことがわかっていたのかな?こんなチビっ子なのに、すごいのね。

断乳をしたことについてルイがどう思ったのか、辛かったのか、知る由もないし、この時期に断乳をしたことが良かったのかどうかもわからない。でも、今回ルイが頑張る姿を見られたので、断乳をしなければ良かったとは思わない。あぁ、ほんと後悔しなくて良かった。

最初は母乳量が悩みの種だったけれど、いつの間にかそんな悩みも消え、これまで1年3か月授乳し続けた私の胸、お疲れさま。あまり食生活に気をつけなかったのに、乳腺炎などのトラブルとも無縁でホント良かった。そんな食生活で母乳がおいしかったかわからないけれど、ずっと飲んでくれたルイもありがとう。
| comments(28) | - | 23:06 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# 15か月
1歳になったばかりの頃は癇癪を起こす我が子にあたふたしていましたが、基本的に癇癪おこしたら床に放置、を繰り返していたら、以前より癇癪をおこす頻度が少なくなってきました。ただ自分の欲求が叶わなかったといううっぷんは溜まるようで少し体を反り気味にして「アーーーーーー!」と大声を発して、ハイおしまい、ということが多くなりました。ダメなものはダメということがほんの少し理解できるようになってきたのかな。ま、もちろん何分も床に突っ伏して大声で泣き続けたりすることもまだまだありますし、また癇癪が頻繁になる時期もやってくるのだと思いますが、これは仕方ありませんね、覚悟しておこなくては。

で、最近の困ったことは、突然人見知りが始まったこと。それもかなりひどい人見知り。。
トコトコ歩いている時に誰かが通りすぎようとするとベビーカーの影に隠れたり、通り過ぎようとした人に話しかけられたりするものなら、すごい勢いでママの方に戻ってきて、大泣きしたり。ママがほかの人と話しているのを見ただけで大泣きしたり。
大人だけでなく、子供も近づいてくると、ママを掴む力が強くなります。

公園で会ったベビーシッターの女性は「普段親が日本語と英語を使っているし、フランス語が理解できないからじゃない?」と言っていて、私もきっとそうだろうと思ったのですが、いやいやこれが違ったようで、先日公園で遊んだ日本人のお友達親子に対しても大泣きしたのでした。。。

せっかく公園の遊具で楽しく遊べるようになったと思ったのに、しばらくは思いっきり楽しむことができなさそうです。今の彼の公園のお友達はカモと鳩のみ・・汗

でも人見知り、程度は個人差がかなりあるようですが、この頃の子供の正常な感情の一つなので、これも仕方ありませんね。急いで無理に社交的にさせるつもりはないし、たとえママから離れてくれなくても、彼の視線の中にパパ&ママ以外の人を入れてあげるためにも公園などには毎日連れていくようにしたいと思います。



続きを読む >>
| comments(4) | - | 18:18 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# 積み木つめるよ
 よいしょ。


 こらしょ。

 ほら、積木がつめるようになったよ。


 積み木が積めたら、ガシャーン!


 大満足


ちなみに、ぼく、笑っているときだけじゃなくて、
真剣なときも眉がぐぐぐーんと下がるんだよ〜、知ってた?

| comments(11) | - | 22:33 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# 本日の作品


ワサビがポイント by ルイ.
続きを読む >>
| comments(19) | - | 23:40 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
# 14か月


ルイ、1歳と2か月。

相変わらず癇癪は卒中起こしていますが、少しずつこちらも慣れてきたせいか、癇癪を起されてもアタフタしなくなりました。こうやって母はますます強くなっていくのね。

そして、最近かなり成長したなと思うことは、理解度・記憶度が増してきたこと。日本語、英語限らず、こちらが話すことを理解することが多くなってきたし、物の名前なども覚えるようになってきたようです。各絵本のお気に入りフレーズを口にすると、その絵本を持ってきてくれたりもします。
子供の躾については引き続きいろいろ考えていますが、やはり危険なことや、どうしても悪いと判断したことは厳しく「ダメ」と言うことにしています。ルイも悪知恵がついてくるので、どんなに厳しく言っても、目を合わせず聞かないフリをしたりするようになってくるのですが、なぜダメかは理解できなくとも、少なくとも“いけないこと”ということを理解しているはず。ま、それもすぐに忘れてしまうようですが、ここは根気よく、長丁場で言い聞かせをしていけば、いつかわかってくれる時がくるかな。




<< 成長の記録 >>
続きを読む >>
| comments(6) | - | 06:47 | category: Le Petit Louis ☆ 14-15 mois |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links