バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 栗拾い
旅行記はまだまだ続くのですが、ちょっと休憩。

この1週間は秋晴れという言葉がぴったりのお天気の良い日が続きました。日中は半袖でも十分。こんな天気がもっともっとずーっと続いてくれたら嬉しいのですが、どうでしょう。。

この週末も素晴らしいお天気。2010年10月10日、10並びだった日曜は、再びサンクルー公園へお散歩に行きました。このお天気なので、前回とはうってかわって、たくさんの人がお散歩、ピクニックに繰り出していました。落ち葉も増えて、さらに秋の深まった公園内。今回はマロニエの実ではなく、食べられる栗をたくさん拾ってきました。




栗拾いなんて、すごーく久しぶり。でもたくさんのイガ栗を目の前にしたら興奮。やっぱり食べられないマロニエとは真剣度が違いますー(笑)。栗のイガは半端なく痛いので、子供たちにとってはマロニエ拾いの方が楽しそうでしたが・・。

持ち帰った栗は1キロ90グラム。ちょっと小粒ですが、味はどうかな?
ひとまず、栗ご飯と渋皮煮に変身する予定。ちょっと面倒な皮むきが待ってますが、早いうちにしなくてはー。がんばらないと。。


ちなみに広い広い公園内、今回ルイはずーっと自転車に乗り続けました。
だいぶ体力がついてきたようです。






| comments(0) | - | 23:46 | category: お散歩 |
# 秋のサンクルー公園
日中は25度近くあったのに、急に寒くなりました。日中15度前後。これで太陽が出ればそれほどの寒さではないけれど、あいにくここ最近は突然雨が降ったりの変わりやすいお天気で、公園遊びをしていても「寒い!」としっかり感じるようになりました。

この週末もどんより雲が広がる怪しいお天気だったのですが、雨具の用意をしてサンクルー公園(Parc de Saint-Cloud) まで散歩に出かけました。そんな天気のせいか、いつもなら散歩やスポーツする人がたくさんいる公園内もガランガラン。

紅葉も始まり、公園内はだいぶ秋の景色に。







公園内にはマロニエの実がいっぱい!!
パリ市内の公園でもよく見つけますが、子供たちはこれを集めるのが大好き!
家のベランダに、集めた実がどんどんたまっていきます。。。



マロニエの実(写真右上)は食べられないので(強い灰汁をしっかりとれば食べられないことはないそうですが・・)、食べられる栗も取れるかなぁとちょっと期待していったのですが、まだ時期が早かったようで、落ちているイガは数個ほど。そして中身の栗もちびっこい。時期になったら、今年は栗拾いをしたいなぁと思っているところです。
そして、食べられるかどうかは知らないけれど、あらゆるキノコも発見。あぁ、ほんとに秋です。この冷え込みでさらに一気に秋深くなるのかな。

ちなみに、夜は今シーズン初の鍋で温まりました。鴨鍋最高!美味しいキノコも出てくるし、ジビエの季節だし、食の点からも楽しみなこの季節。寒さに負けず、秋を堪能しましょ〜。



| comments(2) | - | 16:39 | category: お散歩 |
# PARC FLORAL
 


8月のとある日、久しぶりにパーク・フローラル(Parc Floral de Paris)へ。
夏恒例のJAZZ FESTIVAL、今年は一度も行かないまま終わってしまったのが少し残念。


ここの好きなところは遊具がとても充実しているところ。
長い滑り台に、ブランコとか、いろいろ。子供たちも大満足。






兄ちゃん、階段のぼったけど、これはコワイといって、滑らずにおりてきました。。




ちょっと小さい子用の遊具だと物足りなくなってきたルイにとっては大満足。しかもちょうどセーブル滞在中、遊具遊びからも遠ざかっていた頃だったので、さらに楽しめたよう。
普段昼寝をしないルイも、すでに昼寝していたセナも、帰りの車の中でぐっすり夕寝をしたのでした。



| comments(4) | - | 18:54 | category: お散歩 |
# セーヌ川クルーズ
5月になったのに、あれれ、寒い?しかもお天気悪い?
なんて思っていたら、先週末あたりから安定した青い空が戻ってきました。と共に気温も上昇、そして今週末は最高気温30度とすっかり夏の陽気。さすがに今日は暑かったー。

ルイのギャルドリーの日には、迎えにいったついでに、ギャルドリー付近の芝生でランチ、そしてそのまま遊び、時には別の公園へはしご、の生活。でも気温以上に、こちらの太陽パワーは強くって、特に午後の日差しは強烈。ルイよりも太陽光を吸収しやすい私似の体質であるセナは、だいぶ黒くなってきました。しかも体温高いので、すぐに汗かいて、くるくるの髪がさらにくるくるに〜。


さてさて、そんな初夏の陽気が戻ってきた先週末には、Bateau Mouches(バトームッシュ)に乗って、セーヌ川クルーズをしました。パリ滞在も4年が過ぎ、今更ですが、まだクルーズ経験のなかったパパ&セナのため。








セーヌ川クルーズなんてちょっと観光客っぽい?、なんて言いながら、でも、セーヌ川沿い散歩ではなく、船目線から見るパリの街もやっぱりすばらしく、何度乗ってもいいかも、と思えます。パリの美しい建物、セーヌ川に何本もかかるさまざまな橋、そんな景色もさることながら、青空の広がったパリの下、セーヌ川沿いでそれぞれの時間を過ごす人々、それを眺めるだけでもなんだかほっこり気分になれるような。















| comments(4) | - | 02:45 | category: お散歩 |
# 久々の晴れ間に

 


氷点下の日々からは少し解放されたけれど、相変わらずの寒さとグレーの空に覆われて、なんだか思いっきり外遊びを堪能できずにいましたが、この日曜日、久々に気温も少しあがり、太陽も顔を出しました。

そんな日曜日はサンクルー公園(Parc de Saint-Cloudへお散歩に。
我が家にとっては恒例の公園の一つ。ちょっとだけ行きにくいのが難点だったのですが、昨年末トラムのT2線が長くなり、我が家からトラム1本で楽に行けるようになりました。


公園内にある池もここしばらくの寒さで、厚い厚い氷が張っていました。



夏に比べたらだいぶ外遊びも減ったし、平日3人で行動する時ルイはバギーボードに立っていることが多く、ちょっと最近運動不足気味じゃない?と心配もしてたのですが、この日は泥で遊びながらたくさん歩きました〜。








この公園はルイ、セナの産院の近くにあるので、ここに来るたびに出産時のことを思い出します。セナを出産して入院していた時も、ちょっとだけ様子がおかしかったルイを連れて、だんなさんはこの公園で遊んでいたそうです。
我が家にとってはちょっと思い入れのある公園。広々しているところも好き。交通が便利になったし、これからも度々訪れることになりそうです。

とにもかくにもやっぱり太陽ってすばらしい〜。まだまだ冬は長いわけですが、たまにはこうやって青空の下で遊びたい。



| comments(0) | - | 23:59 | category: お散歩 |
# 夜のルーブル
お天気がいまいちだったり、誰かがちょっと風邪気味だったり、などなどと、たまに頻度が落ちることもありますが、パパと子供たちの夜のお散歩、相変わらず続いています。最近はセナも一緒に夜散歩をするようになってきました。

通常は近所を散歩するのだけれど、数日前にパパとルイで夜散歩に行った場所はルーブル美術館。日中は多くの観光客で溢れている場所も、夜はこんなに穏やか。







外は寒いし真っ暗だけれど、夏の間は日が長くてなかなか見られなかった素敵なパリの夜の風景が、早い時間から楽しめるようになりました。今度はセナにもこの景色を見せてあげなくては。
| comments(4) | - | 06:27 | category: お散歩 |
# ベルヴィル散歩
30度を超す夏日が続いてます。
そんな暑い週末、ベルヴィル付近を散策。シャンソン歌手であるエディット・ピアフの生まれた地としても有名な場所です。

まず、JOURDAIN駅を降りて向かった先はベルヴィル公園(Parc de Belleville)。高台にある公園で、傾斜を利用して、葡萄の木などを育てているそうです。モンマルトルほどではないけれど、ここからも十分パリの街並みを見下ろすことができます。



JOURDIN駅すぐ側にあるブーランジェリー AU140 にもお立ち寄り。2001年バゲットコンクール(LE CONCOURS DE LA MEILLEURE BAGUETTE DE PARIS)で1位になったお店だそう。





時間が中途半端だったのでバゲットは買わず、おやつにフィナンシェを購入。
後で調べたら、クロワッサンやクイニー・アマンが美味しいのだとか。せっかくだから、それらを買えば良かった〜。残念。



そして、次はビュット・ショーモン公園(Parc des Buttes Chaumont)へ。

“butte(丘)”という名が示すとおり起伏が激しい公園で、日当たりの良い芝の斜面でピクニックをしたり、寝転がってお昼寝を楽しめます。公園の真ん中には大きな池があり、その池の真ん中にそびえたつ崖の上には神殿の形をした展望台もあります。公園内はかなり広いので、公園全体を歩きまわるだけで良い運動になりそう。





そして、帰り際にビュット・ショーモン公園近くのブーランジュリー、La Boulangerie par Veronique MAUCLERC(日本語紹介記事はコチラ
以前、パパとルイが二人で公園を訪れた時にここのパンを買ってきてくれたのですが、今回私は初訪問。店内の写真は撮りませんでしたが、とってもレトロなお店でした。



今回はシリアルパンを購入。皮はパリっと中はふんわり、そして風味のとても良いパンでした。


ちなみに、ヴェルビルはパリ13区に次ぐ中華街でもあります。美味しいアジアン料理のお店もいろいろあるようですが、やっぱり我が家からは13区の方が便利かな。


最近、週末となると電車好きのルイのために、メトロに乗っておでかけするのが恒例となってきました。さあて、次はどこへ行こうかな。
| comments(2) | - | 23:50 | category: お散歩 |
# Parc de Saint-Cloud


快晴、気温も上昇、一層春の到来を感じさせるとても気持ちの良い日曜日に、家族4人でParc de Saint-Cloud(サン・クルー庭園)に行ってきました。

これまでも何度か訪れていますが、産院に近いこともあり、先日の出産の際にもだんなさんとルイは何度となく公園に立ち寄っていたようです。



広い広い公園内、ルイは思う存分走り回ったり、池に石を投げたり、虫を観察したり。



一方、このお方はやっぱりぐっすり。途中で授乳のために起こさせたのですが、眠さには勝てなかったようで再び爆睡。

そういえばルイの時は生後3か月直前に初サン・クルー散歩したっけ。
パリ住まいだけど、ここは彼らの生まれた場所ですからね。たまに生まれた場所に戻ってあげなくっちゃね〜。


それにしてもやっぱり春は最高!このまま寒さ戻らず、グレー色の空もどっかにいって、一気に春・夏に到来してほしいものです。
| comments(8) | - | 23:00 | category: お散歩 |
# 今日のおやつはBerthillon

パパと二人の散歩@秋が深まるモンスーリ公園


とても綺麗な青空が広がる土曜日の午後、久々にパリ中心まで足を延ばしてお散歩。

ルイは終始ご機嫌であちらこちら駆け回っていました。平日はいつも同じ公園を回る毎日。これはこれで楽しいのでしょうが、たまに別の場所に行くのは、やはり子供にとっても新鮮なんでしょうね。あとね、やっぱりパパと一緒に散歩するのは大好きみたいです。





さて、この日のおやつは、サン・ルイ島にてBerthillon(ベルティヨン)のアイス。
Berthillonはこの日も大盛況。いつものごとく、あちらこちらで行列ができていました。
今回だんなさんはCaramel au beurre salé(塩バターキャラメル)、私はMarron Glacé(マロングラッセ)を。マロン味も濃厚、マロングラッセの塊もゴロゴロしていて美味しいけど、やっぱり塩バターキャラメルは最高〜。ルイも塩バターキャラメルの虜になったようで、だんなさんが食べていると、掌を振ったり、足踏みして催促。だんなさんのアイスを半分以上奪ってたかも。
そろそろ外でアイスを立ち食いするには厳しい季節になるけれど、サロン・ド・テで食べたり、テイクアウトして温かい家の中で食べるのもまた最高。


| comments(2) | - | 23:11 | category: お散歩 |
# 最近の公園から
あちらこちらで、鴨のべべちゃんたち急成長中。

これはアンドレ・シトロエン公園(Parc André Citroën)の鴨親子。この公園では、今のところ2組の親子しか目にしたことがないのだけど、例年より少ないような。公園内、毎日かなり歩き回ってるんですが、どこか見えないところに隠れてるんでしょうか。



これはジョルジュ・ブラッサンス公園(Parc Georges Brassens)で見かけた鴨親子。1羽だけ黄色いべべちゃんが混ざってるの。突然変異?それともアヒルのべべちゃんがまぎれちゃったの?



そして、シトロエン公園のサクランボ。豊作です!
たまに落ちているのを拾っている人を見かけますが、ほとんどは鳥さんが独占。





ルイは落ちたサクランボ拾いに夢中。でもたいていが鳥がつまんだ残りものばかりですが、そんなことは全く気にせず拾い続けるルイ。サクランボは大好きなのですが、拾ったサクランボは口に入れず、そのまま手渡してくれるので、とりあえず安心。


ルイが拾った中から綺麗なもの10個ほどをこっそりお持ち帰り。
綺麗に洗ってルイと一緒におやつ時間に食べようと思ったら、ルイが全部食べてしまいました〜。


毎日毎日欠かさない公園散歩、小さな小さな季節の移り変わりに気づくことが出来るのもルイのおかげ。
| comments(4) | - | 14:36 | category: お散歩 |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links