バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# Salon du Chocolat 2011


これまた約一ヶ月ほど前のことですが、、今年もやってきましたこのイベント、Salon du Chocolat(サロン・ド・ショコラ)。パリで10月20日〜24日に開催されていましたが、初日に行ってきました。


初日の朝だったけれど、けっこう人も多かったかな。でも週末より断然まわりやすい!お店の方も始まったばかりでまだ軌道にのっていないところもボチボチあったけれど、試食をしながらあちらこちらへ。日本からはあのヨックモックも初出店されていたし、今回外国人部門最優秀賞を受賞した小山シェフのエスコヤマも。ここのショコラは今回初めて購入、食べてみましたが、店員さん一押しの味噌をはじめ、大徳寺納豆、黒七味、京番茶などの日本素材との組み合わせがショコラにマッチしてとても美味しかったです。


<




実は本当はセナのギャルドリー中、一人でささっと行こうと思っていたのだけど、火曜からルイの担任の先生がお休み。代理の先生もいないので、親や誰かが面倒みてくれる人は子供を連れ帰ってくださいと。チョコ好きルイにとってはとっても嬉しいお休みで、母のお供と相成りました。

あちらこちらでチョコを試食してお腹も気分もいっぱいになったルイですが、最後に子供用のアトリエにも参加して(当然ながら学校がある日だったので、ガラガラ)、チョコの人形を作ってきました。マジパンを形作り、あとはチョコと一緒に組み立てるだけの簡単な行程ですが、紙製の調理帽ももらえて本人ご満悦。ちなみに、その間母は30分フリータイムをもらえてちょっとゆっくりひとまわりできました〜。



| comments(0) | - | 20:28 | category: おでかけ |
# ひさびさのChantilly



パリの北駅(Gare du Node駅)から電車で約30分、クレーム・シャンティイでも知られている街、シャンティイ(Chantilly)。かの有名なヴェルサイユ宮殿も素晴らしいけれど混雑していることが多いので、多少華やかさは劣るけれど、緑いっぱいゆっくり寛げるシャンティイ城(Chateau de Chantilly)が我が家のお気に入りピクニックスポットです。近くのシャンティイ競馬場で行われる大レースにあわせて赴くことも多かったけれど、すっかりご無沙汰してました。

ようやく夏の日差しが戻ってきた日、格好のピクニック日和。


「一人でできるから~」と、石の上を歩いて小川を渡っていたルイ、
つるんと滑ってドボン。水浸しになりました…。






前回来た時にはなかったのだけれど、新たに遊具エリアが。








そして、子供達おおはしゃぎだったのが、巨大迷路。
あっち?こっち?と走る走る



走る走る



ようやく辿りついた所にはちょっとしたお楽しみが。



広い広いシャンティイ城の庭ですが
今回はこの迷路で楽しみ過ぎました。
でもこのためにもう一度行ってもいいくらい、子供達大満足!




| comments(2) | - | 00:04 | category: おでかけ |
# Jardin d'acclimatation
 ヴァカンス中の暑い一日、お友達と一緒にブローニュの森にある遊園地、アクリタマシオン公園(Jardin d'acclimatation)に行ってきました。私とルイにとっては約3年ぶり、2度目です。

メトロ1番線Porte Maillot駅から公園入り口まではプチトラン(有料)で。以前行った時にはLes Sablons駅から徒歩で向かいましたが、こちらの方が子供にとっては断然楽しい!完全なる鉄男であるルイ、セナも「機車ぽっぽ〜♪」と大喜び。

入り口から子供心を誘惑する有料のアトラクションが続々と並んでますが、案外誘惑されずに、遊具エリアにたどり着き。さっそく水着になって水エリアで遊んだり、お弁当食べたり、遊具で遊んだり、一日中遊んで大満足。


一緒に行ったお友達とは、普段は幼稚園があってなかなか会う機会がないのだけど、幼稚園休みの水曜日やヴァカンスなどにたまに遊びます。今回もけっこう久々だったのだけど、でも終始仲良しで、いつのまにやら肩を組んで歩いてたり。歳があがるにつれ、コミュニケーションも楽にとれるようになるし、久々に会ってもお友達であるとちゃんと覚えてるからかな、見ている方もほのぼの楽しかったです。



| comments(2) | - | 22:27 | category: おでかけ |
# 花見
 

先週末のこと、パリ近郊のお花見の名所ソー公園(parc de sceaux)に行ってきました。

昨年は少し遅めの時期の平日にぱぱっと行ってきましたが、今年は休日に家族揃ってお花見。白い桜は 既に葉が出始めていましたが、濃いピンクの八重桜はちょうど満開。日本人はもちろん、中国や韓国などのアジア人、フランス人など本当にたくさんの人が集まっていました。


そして、ここでも震災チャリティーバザーが開催されていました。


そろそろ桜も終わりの時期。空の青に映えていた濃いピンクの色は、今度は絨毯のように地面に敷き詰められ、その花びらをバケツに摘んで遊ぶのがここ最近の子供たちの楽しみでした。そして桜のかわりに、マロニエの花や藤の花などが目立つようになりました。目に鮮やかな季節、思う存分楽しみたいと思います。




| comments(0) | - | 23:06 | category: おでかけ |
# Trouville
 

まるで夏のように暑かった先週末、ノルマンディーのトゥルービル(Trouville)に行ってきました。トゥルービルと、映画『男と女』の舞台となった高級リゾート地ドービル(Deauville)のビーチは隣同士、駅も同じなのですが、我が家は専らカジュアル派のトゥルービル。

街の至るところに、レイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac)の愛らしいイラスト。


新鮮な魚介類のお店もずらーっと並び。こんなときに七輪でもあれば、、なんて美味しい想像するも、叶わぬ夢なので、調理済みの海老や貝などだけ買って海辺ランチの品に。


暑いとはいえ、まだ一応オフシーズン。それでも暑い陽気が続いていたこと、ちょうどイースターのヴァカンス期間だったこともあり、ビーチにはオンシーズンかと思うほどの人が訪れていました。泳いでいる人もちらほらと。


子供たちも足だけ海に入って、おおはしゃぎ。途中とってもパワフルな女の子(真ん中)も混ざって3人で波打ち際をかけまわる。偶然にも同じシャツ、3人っ子。周りには3兄弟だと思われたようです。
(が、あまりにもパワフルなため、彼女に海の中追い掛け回されたルイは本気で逃げ回ってました。。笑)



ビーチ遊びにあきたら、遊具が置いてあるエリアもあるので、子連れでも思う存分楽しめます。早起きして朝早い電車に乗った上、たくさん遊びまわったのに、子供たち帰りの電車でも寝てくれず、おおはしゃぎ。。さすがに疲れたけれど、でも久々の広い海、青い海、青い空、とても気持ちよかったです。




| comments(6) | - | 23:19 | category: おでかけ |
# パリ国際農業見本市 2011



今年も行ってきました、パリ国際農業見本市(Salon International de l'Agriculture)。毎年恒例の大人気見本市で、なんだかんだ毎年のように行っています。

ぜったい歩きたがるであろうセナが一緒なので大混雑の中ちょっと不安ではあったのですが、去年よりも確実に動物好きになっているセナのために、頑張って平日にルイとセナ、3人で行ってきました。
もう私はすっかり見慣れましたが、孵化したばかりのひよこに、鶏、羊、やぎ、豚、牛と、それを観に来たたくさんの人であふれ返っている会場内。落ちている干草を動物にあげようとするセナと、「噛まれちゃうよぉー」とそれを制するルイのバトルが繰り広げられながらも(笑)、やっぱり子供たちはおおはしゃぎでした。





さて、この見本市のもうひとつの楽しみは、フランス各地、そしてそれより規模は小さいけれど世界各地の物産展。各地のいろいろな美味しいものを試食しながら購入することができます。

セナがランチ後、昼寝してくれた瞬間を狙ってゆっくり廻ろうと思ったのですが、やっぱりの大混雑。ベビーカーを押しながら、ルイと一緒にそれぞれのブースをまわるのはけっこう大変。それでもなんとかルイを連れまわしていたのですが、なんだか途中でそれも可愛そうになり、アイスを一緒に食べて退散〜。でも今回はちょろちょろと何品か買えました。オリーブオイル、タプナード、ヨーグルト、ソシソンなどなど。



最後は、馬、犬などのいる会場へ。が、ますます増え続ける人・人・人で、馬もろくに見られないし、普通に歩くのさえ無理な状態に。。出口に辿り着くまでどれだけ時間がかかったか。。
ルイはもっともっと観たいと言ってましたが、不可能に近かったのでここでおしまい。それでも朝9時半から15時半。子二人連れ難しそうならささっと帰ろうと思ってたわりには、かなり遊べました!
毎回毎回この混雑様にはちょっぴり辟易してしまうのですが、それでも年々子供たちは成長していくし、こちらも要領を得てくるので、楽しみが増しているような気がします。

ちなみにちなみに、12ユーロのチケットは、入り口で優しい老夫婦が譲ってくれたので、今回は無料。ラッキーでした〜。


| comments(4) | - | 12:14 | category: おでかけ |
# ディズニーランド・パリ
ただいま幼稚園は2週間の冬のヴァカンス中。ルイはサントルロワジール(Centre de loisir)と呼ばれる学童保育のようなものは申し込んでいないし、旅行に行く予定も立てていないので、毎日常に子二人と一緒の生活。普段なかなか会えないお友達と遊んだりしつつ、2週間の日々を過ごしています。

さて、ヴァカンス中の週末、お友達に誘われて、初めてディズニーランド・パリへ行ってきました。メリーゴーランドなどの乗り物に乗るのを断固拒否するセナはパパとお留守番。


ルイはもうけっこうな距離を歩けるのですが、やっぱり広いパーク内。ダラダラ歩いていてはますますまわれるアトラクションは少なくなるし、疲れた時に抱っこするのも大変。ということで、今回はベビーカーをレンタルしました。けっこう大型なベビーカーで(押すのはちょっと重いけれど)4歳児が乗ってもまったく問題なし、借りて正解でした。

かなり寒かったのと、途中から雨が降り始めてしまったのだけが残念でしたが、ルイはポンチョを被った自分のだるまのような姿に満足顔。各アトラクションはもちろんそれなりに混んでいて30分くらい待つことが多かったけれど、東京ディズニーランドの待ち時間からするとだいぶ短いような。ただまだまだ小さい子供、参加できるアトラクションの数も限られているし、一日でまわれるアトラクションはやっぱり少なめかな。あっという間に時間が経ってしまって、もっと乗りたい気持ちを我慢して、最後はパレードでおしまいとなりました。

もともとディズニーのキャラクターの中でルイが知っていたのは、ミッキーマウス、くまのぷーさん、TOY STORY もの、Cars もの くらい。ディズニーランドがどんなところかもまったく知らなかっただろうけれど、それにしてはけっこう楽しめたかな。小さな小さな子供の時にとってはやっぱり夢のような国なのかも〜。自分が初めてディズニーランドに行った時のことをちょっぴり懐かしく思い出しました。

今回はお友達のおかげでチケットも安く購入できたし、要領よくまわれたし、楽しかった。どうもありがとう〜!!




| comments(0) | - | 08:02 | category: おでかけ |
# Cité des enfants et La Maison des petits
先週末は、久々の友達と一緒に Cité des enfants へ。パリの19区のラ・ヴィレット(La Villette)地区にあるCité des Sciences et de l’Industrie(科学産業博物館)の中にあります。

このCDSは“2−7歳向け”と、“5−12歳向け”に分かれていて、もちろん私たちは2−7歳向けへ。 工事現場体験、水遊び、など数個のコーナーがあり、子供たちはそれぞれ好きなところで学びながら遊べます。ちなみに1時間半入れ替え制です(こんな寒い日などは特に人気なので、予約した方が安心かも)



なかなかよくできている工事現場はやっぱり子供たちのはまり場所。ヘルメットかぶって、ベストを着て、ブロックを運んだり。

工事現場が一番のお気に入りかと思っていたら、ルイが一番はまったのがここ。木製のからくり道具を操作してボールを進めるもの。ただしボールは3つくらいしかないので、周りの子ともバトルがたびたび繰り返されたりして大変だけど、でも科学だけではなく、そんなことを学ぶのも大切なことだしね。


2歳以上の子供向けだけれど、2歳になっていないセナだって十分楽しめます。各コーナー、扉こそないものの壁で仕切られているので、そうそう離れ離れになることはないけれど、でもあちらこちらやりたいちびっ子二人が勝手にどこかに行ってしまわないか気にかけるのはちょっと大変でした。


制限時間の1時間半は本当にあっという間。えっ、もう終わっちゃったのー、物足りなーい、と思うくらい。子供って好きな場所を集中してやるので、全部のコーナー回りきれません〜。でも本当に集中して遊んだ1時間半、なかなか子供にとって魅力的な遊び場所です。ちなみにルイはここのことを「ステキな公園」と呼んでいます〜。



そして、ランチをはさんで午後は104(CENTQUATRO)内にあるLa Maison Des Petits へ。
もともと葬儀課だったという場所が、巨大アートセンターとして生まれ変わったという104(詳細はこちら参照)。La Maison Des Petitsのお洒落な内装を写真でみて、以前から一度行ってみたいと思っていたのだけれど、ようやく初訪問を果たすことができました。
広さはそれほど広くはなく、人数制限もあるけれど、でもおもちゃも絵本もたくさん、お絵かき(ペンや絵の具も)、水遊びなどもでき、親はお茶などもセルフサービスで飲めて、利用料は無料。



布を切って、着せ替えごっこも。




児童館のような所はほかにもありますが(15区でいえばLa Maison Verteなど)、人数制限があって混雑しすぎないところや(Maison Verteは幼稚園が終わる時間帯は大混雑だった!)、何よりもこんな素敵な空間で遊べるのがいい。近所でないのが残念。

寒くて長い時間外で遊べない冬。こんな室外で遊べる場所をうまく利用しつつ、長い長い冬を乗り越えないと!


| comments(2) | - | 16:24 | category: おでかけ |
# Créations & Savoir-Faire & Marie-Claire Idées 2010

手作りモノづくり好きの人にはこの時期恒例のイベント、Créations & Savoir-Faire & Marie-Claire Idées。毎年毎年行きたいと思いつつも、今年が初めての訪問。大混雑を覚悟で、もちろん子供はおいて、一人で行ってきました。


今年のテーマは「Au pays des merveilles(不思議の国)」だそうで、 展示エリアには不思議の国のアリスの世界が広がっていました。



一概に物作りと言っても、編み物、洋裁、刺繍、パッチワーク、カルトナージュ、などなどその種類は多彩。それに加えて、布やら紙やらいろいろな用品も売られていたり、アトリエで実際にモノを作ってみたりと賑やか。でも自分が興味あるもの、興味ないもの、それはちらっとブースを見ただけで判断できるので、いろいろ見迷うかなと思っていたほど迷わずさくさくとチラ見で通り過ぎるブースがほとんど。ただ、やっぱり噂どおりの大混雑で、通り過ぎるだけでも時間はかかるし、暑くて暑くて汗かきそうでした〜。


今のところ一番やる機会がある編み物(でも今年は何も作ってなーい、子供たちのニット帽も去年のまま・・でもまだ被れるし・・)ですが、編み物ブースはほとんど立ち寄らず。そんな中今回じっくり見たのが、やっぱり大人気のMaison Sajou(日本人店員さんがご親切に丁寧に対応してくださいました〜、さすが人気のサジュー、これ目的で日本から旅行に来る方もいるのだとか)は見ているだけでなんだか楽しくあれやこれや欲しくなってしまう。いつかここのお高い鋏が欲しいけど、今回は見送り〜。
そして、大人気のリバティの布ももちろん好きだけど、Anna Ka Bazaarの布々がとても好みでした。子供服製作用に買いたかったけど、まだミシンもないし、型紙だって何一つ持ってないし、パリにショールームもあるようだし、ネットでも買えるし、衝動買いしたい気持ちをぐぐっと我慢。
あとは、kirigami.fr の切り紙で作ったカード。自分でも作れるなら!と本を買おうかと思ったけれど、あとでもう一度立ち寄って考えようと思っているうちに、すっかり疲れて会場を後にしてしまいました。

たくさんの人のパワーにおされてぐったりしてしまったけれど、やっぱり何か自分の好きなことに没頭するという時間は楽しいですよね。私自身はもともと腰が重いうえ、何かものづくりをはじめると、どっぷりつかって家事も育児もおろそかにしそうな気配もしそうで、ますます腰が重くなりがちなのだけど・・。ま、とりあえず、男ばかりの我が家族なので、あんまりオトメチックも似合わないし(まぁ趣味でもないけれど)、そのうちに子供たちの服が作れればなぁと思ってます。

***

来週末はこれまた毎年恒例のSalon des Vins(これはだんなさん担当)。そしてそれが終わればもう12月。もう年末だなんて、なんとなくそのスピードに自分の気持ちが追いついていきませんが、ノエルの飾りつけも始まりつつあるし、またこれからぐぐっと気温が下がりそうな予報だし、一気に年末気分が盛り上がってくるのかしら。



| comments(4) | - | 12:51 | category: おでかけ |
# salon du chocolat 2010
毎年この時期恒例のサロン・ド・ショコラ(saon du chocolat)に行ってきました。
恒例だけど、昨年は行かなかったので、2年ぶり。今回はチョコ大好きルイとおでかけです。



あちらこちらで写真やチョコ情報がアップされるだろうから、今回詳細は割愛。
予想どおり大大大混雑の会場内でしたが、あちらこちらで試食もさせてもらって、ルイと二人、チョコを食べては水を飲んで〜、の繰り返し。ルイもいたので混雑のところを無理やり入りこんでじっくり話を聞いたり、ゆっくりじっくり品定めをしたりなんてことはなかなかできなかったけれど、それでもだいぶ楽しめました。
どこでチョコを買おうかななんて思いつつ何周もぐるぐる回っているうちに疲れて、最後に目があったM.O.F.のFranck Kestener氏のお店でお土産購入(少し前にパリ5区にもOPEN)。あとは、バスク旅行の思い出の店、Parièsでも。
あんなにたくさん試食したのに、夜は夜でしっかりとチョコを堪能したのでした。やっぱりこれからの季節、チョコは欠かせない〜。寒さも本格的になってきて、そろそろショコラショーも恋しくなってくる頃です。


写真左上、SADAHARU AOKIのマカロンの今川焼きバージョン(東京焼きマカロンショコラ)。
食べてみたいような、遠慮しておきたいような・・(笑)
でもやっぱり人目をひく演出、たくさんの人が集まってました。
せっかくの機会だから、チャレンジしてみればよかったかなぁ・・。


| comments(1) | - | 19:37 | category: おでかけ |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links