バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ロンドン女三人旅 その3
 


ゴージャスなホテルに宿泊。
これもお友達の旦那様さまのおかげ。感謝。
とても素敵な空間が広がってましたが、多忙な一泊二日の旅、広い部屋もささっと寝るだけ。
こういう所でゆっくり朝食やスパコースもありだけど、まあそれはいつかいつかの時にでも。




ぱぱっと観光、あとは食べてばっかりじゃね、ということで
ロンドンっぽく、夜はミュージカル鑑賞を。
『Dirty Dancing』
ダンサーの鍛えられた体と踊りは素晴らしかった〜。



でもちょっと寝不足&夕方ぐぐっと一気飲みしたビールにやられたのか、
どうも体調がすぐれず、ぐろっきー。
ミュージカル後のパブも楽しみにしてたのに、
ほぼ何も食べられませんでした、フィッシュアンドチップス食べたかったのにな。


| comments(0) | - | 19:12 | category: 旅行 |
# ロンドン女三人旅 その2
花より団子の3人の目的といえば、やっぱり食。とはいえ、一泊二日なのでそうそう食べる回数も時間も限られており・・。そんな中初日のランチに選んだのはインド料理。

だいぶ違う雰囲気が漂う街中を迷いに迷いつつ、最後は人に訪ねてようやく到着したのが、Tayyabs(注:リンク先音がでます)



タンドーリチキンに、ラムチョップにケバブ。
大量に盛られたお肉も、まったく問題なくお腹へー。



カレーはもちろん、ナンももちもちで美味。
キーマカレー入りのナンも美味しかった。


美味しくて、しかもとってもお安い。人気なのも納得!


| comments(4) | - | 13:11 | category: 旅行 |
# ロンドン女三人旅
あんなに暑かったのに、突然やってきました、この寒さ。秋を通り越して、冬の装いをしたくなるような気分です、、。気温だけではなく、太陽までもどっかにいってしまい、グレー色に染まってます。あぁやっぱり太陽って大事、と夏が過ぎてから実感するのは毎年の話。

さて、
もういったいいつの頃だったっけ、というほどだいぶ前の話ですが、とても楽しかった思い出話。



ロンドン暴動のそれより前の話、6月末の週末、友達3人でロンドンへ一泊旅行に行きました。それぞれ皆幼い子供がいるけれど、その週末は旦那さんに預けて、子なし女三人旅行と相成りました。

早朝のユーロスターに乗って、ロンドンまで2時間ほど。あいにく、というか、ロンドンらしいグレーの曇り空に迎えられて、ひとまずロンドン初の私にしばしお付き合いしていただいてロンドンバス巡り。



パリとはまたひと味違った街並と観光名所。これぞロンドンだよね、という赤いバスに、可愛いタクシー、子供達がいたら大喜びだったかも。なんて、子がいなくても、時折子供のことが頭をよぎってしまうのは致し方ない。












ロンドンの街をぐるっとひとまわり。でもあまりに寒くて、バスの2階席は少々辛かった〜。

つづく。


| comments(6) | - | 23:12 | category: 旅行 |
# 夏日和
 気づいたらもう10月。秋深まる。




が、こんな秋色景色に反して、このところは夏日のようなお天気が続いてます。さすがにもう暑くはならないよね、と重い腰をあげて早々と衣替えをしていたのに、さすがの暑さにまた夏服を引っ張りだしてきました。

シトロエン公園での噴水遊びも復活。日中30度近くあがったこの週末、公園内はピクニックする人々、水着で日光浴する人々、水遊びに興じる人々、そんな夏の日の景色が戻ってきました。ちょっとだけ違うのは、太陽の角度が変わって、夏には太陽サンサンだった場所が日陰になっていたり、暑いけれどあのギンギンにさすような太陽パワーがだいぶ弱くなっていたり。陽も確実に短くなってきているし、この暑さもそろそろおさまりつつあるような気配、逆に一気にものすごく寒くなったりして。

とにもかくにも、今年も残すところあと2ヶ月。早いものです。



| comments(2) | - | 21:03 | category: パリの日常 |
# merci



マレ地区にある merci へ。
店内の素敵な空間、商品もさることながら、このたくさんの古本に囲まれたカフェがなんともいえず好き。読まないくせに、本をとって眺めてるフリしてみたり 笑。





ルイが幼稚園でランチを食べるようになり、セナも週2回ギャルドリーでランチを食べるようになり、週2だけだけど14時までフリーな時間を確保。

ということで、しょっぱな友達と行ったのがマレ地区なのでした。このあと、BONTONなどを覗いたり、友達おすすめの大人気店でボブンを食し(本当に美味しかった!が、店内超狭く写真撮る余裕まったくなかったー)、ちょっとふらふらウィンドウショッピングしたらあっという間に時間切れ。友達とゆっくりのんびりランチにはちょいと物足りない時間だけど、今までに比べたら大進歩。家にいてはもったいないので、これから出来る限りあちらこちら散策したい。何しようかな。


| comments(2) | - | 22:32 | category: パリの日常 |
# こちらも
 

セナも1ヶ月の夏休みを終え、ギャルドリーが始まりました。この秋からは週3日、うち2日はランチ付きで9時から14時まで通います。

さすがにこちらの方は初日泣くかなぁと思いきや、案外大丈夫でした。ルイと同じく、好き嫌い食わず嫌い大王なのに、先生曰くいっぱい食べているそうです(好きなものだけかもしれませんが、、)。まだ始まったばかりだからか、いつもより子供の人数が少なく、ちょっと寂しい感が漂っていますが、なかなか同年代の子供と遊ぶ機会の少ないセナ、せっかくなのでギャルドリーで友達つくって一緒に遊んでほしいものです。

すでに2歳半、何の成長記録も残せてませんが、着々と成長しています。常にルイをみているからか、あまり怖がることなく果敢に遊具に挑んでいくし、怒られてもあまり聞かずヘラヘラ〜としているし、確実にルイとの違いがでてきています。あと半年で3歳。いわゆるイヤイヤ期を乗り越えて、どんな風に成長していくのか、いまいち予想できないけれど、だいぶたくましく育っていきそうな気配です。

| comments(4) | - | 23:58 | category: Le Petit Sena ☆ 2 ans |
# 新学期
 


8月後半は夏の最後を表すかのようにぐぐっと気温が久しぶりにあがり、さすがにもう最後かと思いきや、またこの週末30度にあがりました。それでも街の景色はすっかり秋です。

さて、9月5日から、2ヶ月の夏休みを終え新学期が始まりました。ルイは年中クラスに進級です。夏休み中ペンキを塗り替えられて綺麗になった校舎。そして年少の時よりさらに一つ階段を上がって、気分一新登校です。

家で仏語のTVを観るようになったこと、週2でサントルにも通っていたので、休み期間中の仏語停滞はあまり問題なさそうだし、何より一番仲良しのハンガリー人の女の子も昨年の担任の先生の采配で同じクラスに。担任の先生のいつも笑顔の優しい先生でルイも大好きのようです。初日帰宅後、何度も何度も先生の名前を教えてくれました。
唯一の不安は、というか、ルイが嫌がったのが、幼稚園で給食を食べること。なんせ好き嫌い食わず嫌い大王ですからー。でもそのおかげでようやくお迎え地獄生活から抜け出せ、私はだいぶ楽になりました。


ちなみに、学校始まって二日目午前中に幼稚園から呼び出し。教室内で他の子に後ろから押されて転んだ拍子に耳を切ってしまったそうで、耳たぶの上のあたりをはさみでチョキンと切り込みを入れたような感じに切れてました。。
急いでタクシーに乗って救急へ。案外混んでいてけっこう待たされましたが、マスクをして局所麻酔しながら、4針ほど縫いました。二日間はシャワーも浴びれずこの包帯のままだったので、だいぶ目立ちましたが、特に痛みも感じないようで一安心です。でも傷跡は残るかしら、どうかしら。。

でも縫合が必要な怪我ではあったけれど、耳内部には影響なさそうだし、もっともっと重大なことにならなくて良かった。

まあこんなことがあっても、相変わらずまったく嫌がらずに楽しんで幼稚園に通ってます。年少の時よりまた少し勉強の難易度があがるだろうけれど、引き続き頑張れルイ。



| comments(10) | - | 23:09 | category: Le Petit Louis ☆ 4 ans |
# Centre de Loisir
8月ももう半ば。15日の連休あたりが一番街も静か。今の所まだマルシェのお店もガラガラ、街中のお店も休業中、改装中のところがかなり多いけれど、少しずつ少しずつ人が戻ってきたような気もします。来週頃にはそわそわとヴァカンス終わりの空気が流れ始めるのかな。

そんなパリの空気は夏をすっ飛ばしてすっかり秋の気配。太陽が出ていれば暑さを感じるけれど、でも風が冷たい。しかもコロコロ変わるお天気で、晴れ、曇り、雨がくるくる変わったり。なかなか長持ちしないお天気。すっかり色づいたどんぐりも大量に落ちていたりするけれど、なんとかもう少し夏気分を味わいたいものです。この週末は久々に気温がぐぐっとあがりそうな予報ですが、それが最後だったりして。




さて、8月からルイはサントル・ド・ロワジール(Centre de Loisir)に通っています。いわゆる学童保育のようなもので、こういったヴァカンス時期や授業のない水曜、授業後などに子供を預かってくれます。セナもいることだし大変だけどまとめて一緒に遊んだ方が、と登録を見送っていましたが、やっぱり同年代の子と遊ぶ時間も必要かなと、ものはためしに8月だけ週1で登録してみました。

朝(8:20-9:00)から夕方(17:30-18:30)までランチ+おやつ付きでみっちりと。バスに乗ってピクニックに出かけたり(人数制限あり)、毎日いろいろなアクティビティが企画されています。

初日はピクニックにいけなかったと残念がっていたけれど「毎日行きたい!」というほどの気に入りよう。一番心配していたランチも、家に比べたらほんのちょっぴりしか食べてないくせに、初めてゆで卵が食べられたとご満悦。しかも家では絶対しないくせに、初日に限ってはちゃっかりお昼寝もした模様。
毎日行かれちゃうとさすがにセナも遊び相手がいなくて可哀想なので、週2回に増やし、毎回バスでピクニック(フォンテンブローやブーローニュ、サンクルーなど)に行ったり、プールに行ったりとしているようです。

幼稚園で同じクラスだった子は今の所1、2人くらいしかおらず、ものすごく仲良くなる友達というのもいないみたいで、そういう点では幼稚園の方が好きみたいだし、時折バスで車酔いしてぐったりしていたり、ランチもおやつも十分食べず(好き嫌い大王だから自業自得!)エネルギーが足りず疲れきって泣きそうになっていたりすることもたまにありますが、それでも行きたくないとはいわないのでやっぱり気に入ってるのかな。

幼稚園が休みになってフランス語を話す場所が減ったからか、はたまた先生のアドバイスどおり仏語のTVを観るようになったからか、出るわ出るわ、フランス語。一人で遊んでいる時にもぶつぶつと仏語が出ることが多くなってきました。2ヶ月間の長いブランク、仏語を忘れてしまうかもという心配はなくなりましたが、一方であまり心配してなかった日本語が停滞中。日本語もお忘れなくー!

ちなみにちなみにルイがいなくなると、セナはおもちゃを一人で占領できるのが嬉しいのかなかなか外出しようとせず家で遊び続けます。ようやく外に連れ出しても、公園には行かず、ただただ電車に乗りたがるばかり。自分のやりたいこと、行きたい所を優先してもらえるので、ルイがいない時間もそうそう嫌いではないようですが、それでもやっぱりルイが一緒の方がセナにとっては良いのかも。

とにもかくにも、夏休みも残り2週間ちょっと。あっという間のような気もするけど、やっぱり長い、はぁ。


| comments(0) | - | 23:41 | category: Le Petit Louis ☆ 4 ans |
# Coccinelle


子供の時は虫を触るのなんて何でもなかった、むしろ喜んで捕まえていたのに、いつの間にやら虫が恐くなってきた。かたつむりでさえ、見るのは平気だけど、触るのはちょっと、、と思ってしまう(ついこの間は子供達と大量のかたつむり赤ちゃん発見、可愛かったけど、でもちょっとだけ早く退散したいなぁとこっそり思ったのでした・・)。それなのに昔となんら変わらず愛しい存在、てんとう虫。

そんな私でさえそうなのだから、子供達のてんとう虫に対する愛情はそれ以上!見つけては手に乗せて、を繰り返す。子供達が何人かいる時は子供達の手から手へ。てんとう虫からすればいい迷惑だけど。

最近見つけたアンドレシトロエン公園近くのてんとう虫いっぱいスポット。公園散歩のついでにここに立ち寄るのが最近の通例。蜂もいっぱいいるのでちょっと怖いけど、でもトカゲもいるし、時より通過する電車も見られるし、長居確実の場所なのです。




| comments(2) | - | 19:42 | category: パリの日常 |
# ひさびさのChantilly



パリの北駅(Gare du Node駅)から電車で約30分、クレーム・シャンティイでも知られている街、シャンティイ(Chantilly)。かの有名なヴェルサイユ宮殿も素晴らしいけれど混雑していることが多いので、多少華やかさは劣るけれど、緑いっぱいゆっくり寛げるシャンティイ城(Chateau de Chantilly)が我が家のお気に入りピクニックスポットです。近くのシャンティイ競馬場で行われる大レースにあわせて赴くことも多かったけれど、すっかりご無沙汰してました。

ようやく夏の日差しが戻ってきた日、格好のピクニック日和。


「一人でできるから~」と、石の上を歩いて小川を渡っていたルイ、
つるんと滑ってドボン。水浸しになりました…。






前回来た時にはなかったのだけれど、新たに遊具エリアが。








そして、子供達おおはしゃぎだったのが、巨大迷路。
あっち?こっち?と走る走る



走る走る



ようやく辿りついた所にはちょっとしたお楽しみが。



広い広いシャンティイ城の庭ですが
今回はこの迷路で楽しみ過ぎました。
でもこのためにもう一度行ってもいいくらい、子供達大満足!




| comments(2) | - | 00:04 | category: おでかけ |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links