バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ロワール日帰り
2010年夏の記録。

セーブルの知人宅滞在中に、ロワール地方(Centre Val de Loire)へ日帰りで行ってきました。ロワールといえば、古城巡り。我が家は、ルイが生後3ヶ月の時に義母と一緒に1週間のロワール旅行に来ているので(その当時引越し直後でネットが使えず、結局ブログにアップしてません・・)、今回は二度目の訪問です。

日帰りで時間があまりなかったのと、二度目の訪問だったこともあり、立ち寄る城は二つに限定。
まずは、ロワール川流域最大の古城、シャンボール城(Château de Chambord)







そして、シュノンソー城(Château de Chenonceau)
残念ながら、一部が工事中。シェール川と城の姿がとても美しいのですが、逆光&工事中のため、綺麗に写真撮れず。


パリからもそう遠くはないので、日帰りで訪れる人も多いようですが、やはり一つ一つじっくり見るとなるとけっこう厳しいし、何より1日でたくさんの城を見すぎると、なんだか消化不良を起こしそう。そういう意味では、前回は1週間滞在して、ゆっくり見ることができて良かった。
今回は、セナの写真撮影目的で来たので、このくらいで十分〜。でもロワールのワインも美味しいし、ロワール川の景色はやっぱり美しいと再認識しました。

パリに住んで5年弱、今や、この城のある風景が当たり前の感覚になってしまいましたが、やはり改めてじっくりと味わうと日本とはまったく違うその歴史に、風景に、日本のそれとはまた違った感動を覚えます。


| comments(2) | - | 22:21 | category: おでかけ |
# ランスへ

なにかと祝日の多い5月。今週末もしかり。で、3連休はじめの土曜日は突如思い立って、シャンパーニュの町、ランス(Reims)へ。TGVでパリ東駅(Gare de l'Est)から45分。あっという間に到着です。
シャンパーニュ地方としては、以前ランス近くのエペルネ(Epernay)には訪れたことがありますが、ランスは初めて。


ランスといえば、世界遺産のランス・ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Reims)



ノートルダムのファサード部にある彫刻、彫像、特に、正面扉口の左側にある“微笑みの天使”が特に有名なんだそうですが、ちょうどその部分あたりが工事中 でした。。












聖堂の一番奥にはマルク・シャガールのステンドグラス。
深いブルーがとても印象的。








そして、ノートルダムの隣にあるのが、トー宮殿 (Palais du Tau) 。かつての大司教の館で、現在は国立博物館となっているそうです。これも世界遺産に登録されていますが、中には入りませんでした。




そして、こちらも世界遺産のサン=レミ聖堂(Basilique Saint-Remi










さて、世界遺産以外に、ここシャンパーニュ地方の楽しみとしては、やぱりシャンパンメゾンの見学。ですが、幼子二人いるわけで、ゆっくり静かに見学するのは少し厳しいと思い、断念。その代わり、シャンパンを買って、公園でピクニック。折りしもお天気は絶好のピクニック日和!

ちなみに、ノートルダム付近のどちらかというとツーリスト向けのお店ではなく、ランス在住マカロンさんブログでおすすめしていた「CPH」というワイン屋さんでシャンパンを買いました。今回買ったのは“Gosset(ゴセ)Grande Rosé”。



そして、急遽決めたおでかけ、前夜遅くにメールしたので会うのは難しいと思っていたのだけれど、途中でマカロンさんから電話があり、マカロンさん夫婦にお会いすることができました。わざわざ公園まで出向いてもらったのだけど、途中でセナが寝てくれたのでカフェに移動。マカロンさんに会うのは私は二度目。ダーリンさんは初対面でしたが、とっても感じよく、ちょっとした楽しいひと時を過ごさせてもらいました。ありがとう、マカロンさんたち♪ 


ちなみにちなみに、ランスの街中、石畳がけっこう多くて、ベビーカーを押すのが少し大変でした〜。ま、石畳の方が雰囲気があってステキですけどね。


| comments(5) | - | 03:26 | category: おでかけ |
# パリ国際農業見本市 2010
3月に突入。2月最後の日曜日は朝からすごい嵐で、フランスでも45人の死者が出たのだとか。嵐が去って、青空が広がる日も増えたのが嬉しいかぎりですが、まだまだ気温は安定せず。でも日はかなり長くなり、春までもう少しの我慢かな。
ちなみに先週末、いつものごとくルイにうつされたセナは40度近くの高熱と咳、鼻水に苦しみました。その間ずっとべったり・ぐったりで、おっぱい以外は何も食べず、一日中うとうと。39度超えの熱を出すのももう何度も経験しているのだけれど、今回が一番辛そうだったかも。鼻水以外はすっかり治りましたが、相変わらずほとんど食べず、おっぱいばかり。せっかく順調に進んでいた離乳食、足踏み状態です。。




さて、この時期毎年恒例の大人気イベント、Salon International de l'Agriculture(パリ国際農業見本市)へお友達と行ってきました。

朝9時半に向かったわけですが、すでにかなりの人。ちょうど学校のヴァカンス時期とも重なっていることもあり、子供も多いわけですが、でもそれ以上に大人がいっぱーい!!

ルイは今年で3回目の農業見本市。昨年は私がセナ出産直後だったので、パパと二人で。年々このイベントを楽しめるようにはなってきてはいたけれど、さすが3歳、今年は今までで一番楽しかったようです。その中でも一番のお気に入りは豚(ルイは大人豚でも「子ブタ」と言います・・)。ちなみに、卵から生まれたばかりのひよこを見たルイは、ちょっと複雑な表情でした。いつも料理の時に割っている卵からひよこが、、ってちょっと衝撃だったのかも?でもこういうのも良い体験。







フランス物産展や各国物産展などのブースもあり、大人としてはそちらの方で試食・試飲しながらゆっくりまわるのが楽しみなのではありますが、そこはさらにたくさんの大人で混雑しているし、小さな子連れ、そうそうゆったりはまわれず、あまり混んでいないあたりを中心にささっと見てまわりました。農業大国フランスらしきこのイベント、子連れじゃなければまた別の楽しさを味わうこともできるけれど、動物いっぱいだし、子連れの方が楽しい。特に今年はお友達も一緒だったし、ルイが動物を楽しめる歳になっていたし、今までで一番楽しかったかも。


| comments(2) | - | 02:11 | category: おでかけ |
# CINEAQUA
 


トロカデロある水族館、CINEAQUA(シネアクア)(リンク先音でます)に行ってきました。

そんなにたいしたことないんじゃないか、なんて期待せずに行ったのが良かったのか、けっこう満足。
幼稚園休みの水曜だったけれど、開館時間に訪れたのが良かったのか、館内ガラガラでゆったり見られたし、あちらこちらに椅子・ソファーなんかがあったりして、子供と一緒ももちろん楽しいけれど、ここで1人でゆーっくりとぼーっとしたいなぁなんて思ったり。あぁ、やっぱり海の中の神秘な世界が好き。癒しです。(とか言いつつ、ぷっくり脂がのった鯖の集団を見た時は、「おいしそー」なんて、やっぱり食い気の方が勝った私です・・笑)



今回のメンバーは、いつもの仲良しKENちゃんと、はじめましてのお友達。初めて、ルイと同じ日加ハーフのお友達ができました。みんな誕生日が10日ずつくらいしか違わない、同い年男の子3人(プラス、ちびセナ)。暗いところとか、おばけとか、ちょっと恐怖心が出てきたりするお年頃、館内も暗いところを通るときなどおそるおそるなところが可愛い3歳児なのでした。

ちなみに、館内にはミニシアターがいつくかあって、映画も上映されています。今回ちょっとだけみんなで席に座って映画鑑賞したのだけれど、みんな静かに見入っていて、案外映画デビューできちゃうんじゃないか?とママたちの期待が高まりました。飽きたらいつでも抜け出して魚見に行けるし、ここでちびっこと映画デビューするのも良かったりして。





| comments(4) | - | 23:10 | category: おでかけ |
# Centre de la mer
 寒くてお天気もいまいちだったある日、お友達と一緒に出かけた先は
5区にある Institut Oceanographique(海洋学研究所)内にあるCentre de la mer(海洋センター)

お友達と水族館に行きたいねぇと話してたのですが、ひとまずお友達の家の近所にあったココに来てみたわけです。




実際に魚が泳いでいる水槽の数は少ないのだけど、
ルイたちにとってはこれで満足だったようで、色とりどりの魚をみて「こんにちは〜」と挨拶しながら楽しんでました。





水族館というよりも、海の生物のことを知るための場所って感じかな。
こんな風に遊びながら学べるようになっていたり、写真やパネルの展示エリアがあったり、そのほかには映画の上映なども行っていました。








ルイも一緒に行ったお友達も、水槽のお魚さんよりも、この展示エリアで遊ぶのが一番楽しかったよう。もちろん内容なんかわからないので、ただボタンを押したり、パネルをくるくるまわしたり、などなど。

映画はおとなしく観てくれるような感じではなかったので、1時間ほど室内をうろうろ楽しんで退散しました。



海水浴の時にいたらイヤだけど
やっぱりなんとなく癒し系のクラゲ〜。



パリには、トロカデロのCINEAQUA(注:音が出ます)や、12区にAquarium Tropical‐Palais de la Porte doree の水族館が有名ですが、まだどちらも行ったことがありません。いつか行ってみたいな〜。


| comments(4) | - | 23:42 | category: おでかけ |
# セナ初のルーブル美術館
しばらく気持ち良い秋晴れが続いていると思ったら、気温もぐっと下がり、雨が降ったり、少し不安定なお天気の日も増えました。パリがグレー色に染まる日もどんどん増えていきそうな予感。

11月の第一日曜日も一日中雨。だけれど、この日は美術館無料の日。ということで、ルーブル美術館へ家族揃って行ってきました。セナ初ルーブルです。



今回もセナがいるので、ありがたき、優先入場。それでも9時少し過ぎに入場した時には館内すでにたくさんの人であふれていました。

ちなみに、毎回毎回観たい部分だけ観てからカフェして早々と帰る、というのが我が家の定番。小さい子供と一緒の閲覧にはこれがぴったりなのですが、本当にこれはパリに住んでいる特権。贅沢!

何を感じているのかはわかりませんが、こんなに小さい頃から真の芸術に触れることができる子供たち、なんて幸せ者なんでしょう。








| comments(0) | - | 07:34 | category: おでかけ |
# 海水浴
パリ、夏日が続いています。
毎年思うけど、本当にこちらの日差しは強烈。

そんな暑い日曜日、ノルマンディ地方はトゥルーヴィル(Trouville)まで海水浴に行ってきました。



ちなみに、ここトゥルービルと、川を隔てて反対側にあるドゥーヴィル(Douville)はリゾート地。この日もたくさんの観光客であふれていました。



浜から波打ち際までずいぶん遠いのね、なんて思っていたら、
2時間ほどでこの砂浜は海の底へ。



そんなに焼いて大丈夫??といった人たちがいっぱい 笑。
こちらの方々は紫外線に強いんでしょうか・・。






まだまだ今週も夏日が続きそうです。
体温の高いチビっ子二人、抱っこしたり、すり寄られたりするのがとてもつらい〜。汗ダクダクです・・。
皆さん、熱中症にご注意くださいね!

| comments(6) | - | 23:03 | category: おでかけ |
# 再びノートルダムの上へ
ちょっと遅れをとりましたが、ルイの時同様、生後1か月を無事迎えることができたセナのために、ノートルダム寺院に登ってきました。



並ぶのを避けるために早めに行ったので、私たちが着いた時に並んでいた人は10組ほど。良かった〜と思っていたら、10時からの入場開始時間、延びに延ばされ、結局40分も待たされました・・。


長い長い階段を上ると、2年前に見たあの景色が。
少しだけ霞んでいましたが、この日も気持ちの良い晴天。





ずっと寝ていたセナを起こして、記念撮影。



寝起きのセナさん、相変わらずの目ヤニで片目が閉じてますが・・


入り口で待たされ過ぎたせいで、
ちょっとイライラ気味だったお兄さん。
2年前には寝ていて見られなかった素晴らしい景色も
ちゃんと見られるようになったのね。




ちなみに、今回はだんなさんがルイを抱っこ、私はセナを抱っこして、何段も何段もある狭い螺旋階段を上り下り。やっぱり疲れたー、けど、セナを抱っこしているにも関わらず、一人で上った以前の時ほどは大変ではなかったかも。

それもこれも、卒中階段登りを強いられていたせいかも。
実は、妊娠中に工事をしていた我がアパートのエレベーター、工事後調子がいまいちで動かなくなることが度々。(壊れていたから工事したわけでないのに、これなら工事しない方が良かったのでは?)
ま、妊娠中よりはマシだけど、セナを抱っこして、荷物を持って、途中で座ったり遊びだしたりするルイをひきつれて階段を上り下りするのはやっぱり大変。セナを抱っこ、ルイをおんぶして上ったこともあったっけ。
そして金曜に再び完全に動かなくなったエレベーター、珍しく週末土日に修理をしてくれたようで、今週からは無事使えています。が、今度は本当に大丈夫かしら?って不安がぬぐえないところがおフランス??





| comments(8) | - | 21:25 | category: おでかけ |
# パパとルイ海へゆく
晴天の土曜日。

週末も仕事かもと言っていただんなさん、仕事に行く必要がなくなったので、パリ脱出を計画。

そして、朝7時に家を出発して向かった先は“”!



ノルマンディ地方のドーヴィル(Deauville)に行くと出かけて行ったけど、トゥルーヴィル(Trouville)に行ったそうです。

このあたりは昨年夏に車で旅行したけれど、電車でも2時間ほどで行くことができます。もっと暑くなったら、日帰り海水浴も楽しめそう。


彼らが家に帰ってきたのは19時。一日中海で遊んで、ちょっぴり日焼けして帰ってきましたが、心なしかルイの顔に焼きむらがあるような・・。
パパ、日焼け止めクリーム、ちゃんと塗ってくださーい!


さて、なぜママとセナが一緒に行かなかったかというと・・

13区のThai Royal(タイ・ロワイヤル)にてランチ堪能のため〜♪
美味しいとは聞いていましたが、本当にそのとおり。見た目も美しい。全品美味しかったけれど、一番印象的だったのがココナツ風味の白いトムヤムカー(あとで知ったのだけど、海老じゃなくてチキンだとカーになるのだそう)
そんな美味しい写真はコチラで。


*お店情報*
Thai Royal
97, Avenue d'Ivry, 75013 Paris
TEL: 01 44 24 22 11
| comments(4) | - | 23:43 | category: おでかけ |
# Saveurs et Vins sur Seine 2008 冬
天気予報どおり、冷え込みの厳しい日曜日。
前日は太陽が出ていたけれど、この日は空もどんよりで、空から雪が舞い降りてきました。初雪です。
雪は午後から雨に変わってしまいましたが、雪が降るとワクワクします。雪国生まれではないし、雪を見る機会が少ないからかもしれません。寒いのはあまり好きではないけれど・・。



さて、そんな初雪がちらつく中、“Saveurs et Vins sur Seine 2008”というイベントに行ってきました。年に2回、船の中で開催されるこのイベント、前回から2回目の参加です。

外の寒さとは反対に、そう広くはない船内は人がいっぱい。



まずは前回同様、2階席で軽食。ここで食べてる人が多いのが生牡蠣で、かなりそそられるんですが、妊娠中にあたったら嫌なので辞めておきました。肉加工品の盛り合わせとチーズ。これにワインがあればいいのだけれど、私はこれまた我慢・・・。あぁ悲しきノンアルコール生活。



食事後は、このイベントに来た一番の目的、ワインのティスティング&購入タイム。実は来週末は“SALON DES VINS 2008”が開催されるので(だんなさんは友達と参加するのをそれはそれは楽しみにしている)、今回ここに来るかどうか迷ったのですが、前回ここで購入したアルザスワインが美味しかったので、来ることにしたわけです。

ワインを楽しめない私とルイはお土産にチョコを買ったりしながら待機。でも結局眠くなったルイが愚図り始めたので、早々と退散。だんなさん目的のアルザスワインと、ブルゴーニュワイン計5本と共に帰路についたのでした。




| comments(0) | - | 22:59 | category: おでかけ |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links