バゲット片手に。

2005年11月末よりパリ在住となりました。
パリでの日々の生活、育児を記録します。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 今年も Paris Jazz Festival
先週末のこと。パーク・フローラル(Parc Floral de Paris)に行ってきました。



例年通り、この季節はパリジャズフェスティバル(Paris Jazz Festival)が開かれています。が、この日の一番の目的は、だんなさんと同じ研究所に勤めるギリシャ人&イタリア人カップルとその息子Aくんとのピクニック。Aくんは2007年12月生まれで、ルイとほぼ同じ月齢。

やはりまだまだなかなか一緒には遊ばない月齢ですが、でもこんな風(↓)に興味を持つことが一緒だったり、見ているだけでなんだか微笑ましい。



この日ルイが一番気に行ったのが、この巨大滑り台。もちろんルイにとっては大きすぎるので一人で滑ることはできませんが、一緒に滑ってあげたら大喜びで、何度も何度もこの滑り台の横の坂道を登っては滑るを繰り返すことになったのでした。おかげでママもぐったりで、最後はパパにバトンタッチ。それでも辞める気配全くなしで、最後はかなり無理やり滑り台から連れ出してきたのでした。
うーん、でもこんなに好きなら、この滑り台のためにまたこの公園に連れてきてあげたい気分です。我が家からちょっと遠いのが難点なのですが・・。


ランチを食べていっぱい遊んだら、二人とも同じ時間にお昼寝タイムに突入。この隙に大人たちはジャズを聴きに。
が、私とだんなさん、あまりの気持ちよさにジャズを聴きながら、子供たちと一緒に昼寝してしまいました〜。



お昼寝後は再び遊具エリアへ。
Aくんとママがこの日一番楽しみにしていたという車に乗りました。車は自動で動くので、子供はただハンドルを回すだけという乗り物ですが、こういうのって小さい子供大好きなんでしょうね。ルイも1回乗ったら、泣いて催促。結局2回乗るはめとなったのでした。


パーク・フローラルは毎年ジャズフェスティバルのために訪れていたので、こんな遊具エリアがあるなんて全く知りませんでした。ただのピクニックエリアも十分のんびり過ごせるけれど、子供連れにとって遊具エリアがあるのも魅力的。


ところで、このA君、両親は二人とも研究所で働いているので日中はクレッシュで預けられています。で、そこはもちろんフランス語環境。そして当然ながら、パパはギリシャ語、ママはイタリア語で話しかけます。この時点ですでに3カ国語。実は本当はこの夫婦は英語で話していたそうなのですが、さすがに子供が4カ国語環境の中にいるのは可哀想とのことで、ママがギリシャ語を勉強して夫婦間の会話をギリシャ語に変更したのだそうです。もちろん子供のことだから4カ国語環境でも時間をかけて習得していくとは思うけれど、でもとりあえず少しでも今の時点で子供のストレスを減らすためにと。子供のためとはいえ、このママの努力、これには脱帽です。
そんなこんなで、この日お互いの子供たちに話しかける言葉は各人さまざま、ギリシャ語、イタリア語、英語、日本語がとびかってたのでした。
| comments(11) | - | 23:14 | category: おでかけ |
# PRIX DU JOCKEY-CLUB
昨年に続き、今年も行ってきました。
ダービーJOCKEY CLUB賞(PRIX DU JOCKEY-CLUB)を観に
シャンティイ競馬場(Hippodrome de Chantilly)へ。



実は本当は6月の第一日曜だということはすっかり忘れていて、だんなさんが「そろそろじゃない?」と偶然日曜の朝に調べて発覚したのでした。
前もって計画していたなら早く出発してシャンティイ城でピクニックを兼ねて行きたかったのですが。でもルイのおかげで(!)週末も早起きな我が家、ランチもしっかり準備してから出発、お昼前には到着しました(電車は競馬場へ向かう人等で大混雑で大変でした・・)。


今年もたくさんいました。正装したVIPの方々!
ちなみにVIPの方々は、白いテントの下で優雅にランチ〜。
我々は芝生の上でランチ〜(笑)
でも青空の下、広い芝生の上で食べるランチは最高です。夕食用に仕込んであった鯵の南蛮漬けを急きょ持っていったのですが、これが正解!家で食べるより何倍も美味しい!



お腹が満たされた頃にレース開始。
昨年同様、第一レースをお試しで賭けてみましたが、今年は敢え無く敗退・・。



昨年はレースの度にパドックに行ったり、レース会場に行ったりと動き回っていましたが、今回は動き回るルイがいるので、基本的に広い芝生の上に陣取ってゆっくり観戦。

一時期の超人見知りはどこへ行ったのやら、ルイはあちらこちらのグループへ顔を出しに。
ちなみに、この(↓)子供たちはルイの持ってたオーボールに興味津々。日本で買ったと伝えると、今度は日本に興味津々。アニメやらPSPやら何やらと、そんなことに全く疎い私が子どもたちから質問攻めに合ったのでした・・。でも本当にとっても素直で優しい子供たちでした。ルイとも、フランス語の拙いおばさんとも遊んでくれてありがとう。





ちょっと芝生遊びにも飽きた頃。
入場口で子どもたちように配布していたチケットを持って向かった先は
メリーゴーランド。


ルイ、人生初のメリーゴーランド!
落ちないように念のため付き添っていましたが、ルイ、かなり楽しんでいました。これに味を占めて、公園に行くたびにメリーゴーランドに乗せて!とせがまれたら困るんですが汗(よく行く公園の一つにメリーゴーランドがあるんです・・)



夕方になり雲ゆきが少し怪しくなってきたのですが、そんな空模様とは相反して、どんどん活気が増してくる場内。




そして、本日のメイン、第7レース“PRIX DU JOCKEY CLUB”が近づくとさらにさらに大混雑。このレースだけを観にくる人も多いようです。

私たちももちろんこのレースを観るのを楽しみにしていたのですが、第7レースが始まるのが17時35分。すでに5時間以上競馬場にいるのでルイがだいぶ飽きてきてしまったようなのと、帰りの電車の混雑などを避けるために、メインレースは断念して先に帰ることにしました。競馬ファンには怒られそうな行動ですが、ま、楽しみにしていたと言っても、馬の前評判などは全く調べて来なかったし、この競馬場で馬のレースが見られただけで満足できたので良しなのでした。



来年はまた来るかしら?
そのころにはルイも馬に興味を持つようになっているかしら?

| comments(6) | - | 23:43 | category: おでかけ |
# Saveurs et Vins sur Seine 2008
一番古いコルク栓開け土曜日、ワイン美術館(Musee du Vin)にて開催されたワインのティスティングコースに参加してきただんなさん。ワインと共に、3月14日から16日まで開催されている “Saveurs et Vins sur Seine 2008” というイベントの招待状をお土産に持って帰ってきました。


ということで、日曜日さっそくお出かけ。
セーヌ川沿い Port de Suffren に常泊しているLA MAXIM'S という船の中で、開催されています。



このイベント、いわゆる試食・試飲販売会と言えばいいのかな。ワインのブースを中心に、シャンパン、コニャック、フォアグラ、牡蠣、チョコレート、肉加工品、チーズなどフランス各地方の特産品を販売するブースが出店されています。
毎年、一年に2回開催されているそうです。



ルイがいるのでゆっくり過ごせるか心配したのですが、ルイは途中からお昼寝開始。ラッキー。なんて、実はお昼寝タイムを狙って訪れたので、目論見があったったというわけ(笑)
ということで、ゆっくりとワインのブースでティスティング開始〜。Salon des Vins などの大きいイベントだと、どのブースに行こうか迷うけれど、ここは全部で19のブースしかないので、迷う必要もなく全部のブースを制覇できてしまいます。こういうこじんまり感もなかなか良いかも。



船内2回には席が設けられてあって、ここで牡蠣やチーズなどブースで売られているものを注文して食べることもできます。けっこうご年配の方が多くいらっしゃって、みなさんとても楽しそうに過ごしていました。
ちなみに、近くに座っていたおじいさん・おばあさん4人グループは、牡蠣を1ダースずつ食べた後に、この写真右の肉加工品の盛り合わせ(サラミやブーダン、アンドゥイエット、豚のリエットなどなど)を一人一皿食べていて、その胃の強さにびっくりしてしまった。。だって、この肉加工品、けっこう脂肪分も多いし、私はだんなさんとシェアでもけっこうキツかったくらい。




2時間近く私の腕の中で眠りこけていたルイもようやく目を覚ましたし、ワインティスティングも十分楽しんだことだし、ということで、終了〜。
何も食べていないルイのために公園でランチさせてあげようと思ったら、突然の雨。



と思ったら、すぐにこんな晴天。ほーんと気まぐれお天気。
乙女心と秋の空 3月の空。




お腹が空いていたルイはおにぎりにかぶりつき、お腹が完全に満たされていなかったパパママも Pailane(ポワラーヌ)のパンでお腹を満たす。
タルトレット・オ・ポムは底が少し焦げ気味で前に食べたよりイマイチだったけれど、今回初挑戦のショーソン・オ・ポムは、そこらへんのパン屋さんのよりも好きな味でした。サクッサクの中から、上品な甘さのリンゴがトロリ。


たくさんお昼寝して、お腹もいっぱいになったルイは絶好調。Bir-Hakeim 橋の上を電車が通るたびにバイバイしたり、鳩を追いかけたり、エッフェル塔を目指して通りかかる観光客のみなさんたちに愛想をふりまいたり、あちらこちらを行ったり来たり。


最近ママに後ろ髪を切ってもらいました。


あまりにも元気なので、いつまででも遊ばせてあげたかったけれど、やっぱり気まぐれお天気のせいで早々に切り上げ、帰路についたのでした。

本日の戦利品は5本のワイン。先日のティスティングで持ち帰ったワインとあわせて、二日間で計7本のワインが我が家のカーヴ(地下倉庫)行き。
二日間ワインを堪能しきっただんなさん、大満足の週末だったようです。



| comments(6) | - | 23:13 | category: おでかけ |
# ロダンとひなまつり


雨がぱらついたり、いまいちパッとしない天気の今日は、第一日曜日。ということで、またまた美術館へ。今回選んだのはロダン美術館(Musée Rodin)





ロダン美術館に来るのはこれで3度目。実は後で気づいたのですが、去年の3月の第一日曜日も、ここロダン美術館に来ていたのでした。偶然。



そして午後はecureuilさん家へ。明日3月3日はひなまつり、ということで、ちらし寿司ランチに招待されたのでした。
ルイとパパたちは関係ないですが、エンベちゃんと、もう女の子とは言い難いけどママたち、3人のすこやかな成長を祈って。



ちらし寿司、お吸い物、紅茶豚などを御馳走になりました。すべて美味。そして羨ましいのが、寿司桶があること。やっぱり寿司は寿司桶がなくってはね。
そして、私は、ちゃんとロールになっていないロールケーキを持参。なんとなく、“ひなまつり=ショートケーキ”というイメージがあったのですが、持ち運びに便利なようにロールケーキにしてみました。が、これ、午前中ロダン美術館にも連れていってしまったので、形が崩れ気味・・。ごめんね。

ちなみに、これ(←)はおやじルイ。椅子に座ってテレビを見ながら、おやつをボリボリ。

3か月年上のエンベちゃんは、ルイよりも少しずついろんなことが出来るようになっていて、とても可愛らしい。それにしても、この月齢ながら、やっぱりエンベちゃんは女の子、ルイは男の子だなぁ・・と思うことがしばしば。もちろん個々人の性格というのもあるのだろうけれど、ルイはすべての行動がなんとなく荒っぽく、でもけっこう甘えっこ・小心者なところもあり、それがやっぱり男の子っぽいなと。蒸しパンを、ルイはそのままガブリとかぶりつきながら食べているのに、エンベちゃんは少しずつちぎって食べていたりするし(これは単に我が家の教育の仕方が粗いのか?)


ecureuilさん、今日はどうも御馳走様。ありがとね。
| comments(8) | - | 23:24 | category: おでかけ |
# パリ国際農業見本市 2008
先週末から開催されているSalon International de l'Agriculture(パリ国際農業見本市)に行ってきました。

おととしに続き2度目ですが、今年は動物に興味を持ち始めたルイのため。本当は週末に家族3人で行こうと思っていたのですが、週末は特に大混雑するので、急遽平日にルイと二人で行くことにしました。最近天気も崩れがちで、なかなか公園で遊べないことだしね。

が、着いてびっくり。金曜なのに、大混雑!ちょうど学校がヴァカンス中ということもあるだろうけれど、大人だけで来ている人達もいっぱい。



私としては、おととしも見に来ているし、そもそも牛や羊はフランス地方への旅行やハイキングで毎度毎度たくさん出会ってるので、あまり興味はなく・・。でもフランスで豚に会うのは実は初めて。やっぱり豚はかわいい〜。あと、ヒヨコもふわふわでかわいかった。





広くて混雑している会場内をルイはすたすた歩いていってしまうので、ベビーカーを押しながら追いかけるのが大変汗
(でも写真撮る余裕はあったりもする 笑)



牛の品評会で1位になった牛さん。デカイ。
でもルイ、そこからじゃ見えませんけど。。






基本的にルイは鳥や犬など小動物の方に興味があるらしく、羊や豚、牛などにはあまり大きな反応を示しませんでした。あまり動かないからかも。
そんな中、大好きだった牛さんがこの子(←)。
この牛は品評会に出される牛とは別のブースにいたのですが、とっても人懐っこい。ルイが牛の頭を撫で撫でしたら、ルイの手をぺろぺろなめたり、セーターを軽く噛んでひっぱったり。そんな反応がルイも大好きだったようで、何度も「コレコレ」と言いながら、触りたがってました。


それにしても夕方になるにつれ、どんどんどんどん混んでくる会場内。ホールもいくつか別れているにも関わらず、どのホールも混み混み。混雑で歩くスペースが狭く、ベビーカーでの移動がかなり大変でした。「ルイと二人だけで来るんじゃなかった・・」と少し後悔しつつ、そろそろ限界を感じ、帰ろうと思った矢先、愚図りだしたルイ。そして、愚図ったルイを連れて急いでホールの出口に向かう途中、ルイの靴を片方落としてきてしまったようで・・。気づいてすぐに歩いてきた道を引き返し会場内を探したのですが、見つからず。でもせっかく日本で買ってきた靴なので何がなんでも探さなくては、と混雑する会場内を愚図るルイを抱っこしてベビーカーを押しつつ、何十分も探すも見つからず・・。さすがに混雑にイライラ、愚図るルイにもイライラしてきてしまったので、靴は諦め帰宅したのでした。はぁ、疲れた・・。

この混雑にはうんざりですが、きっと来年の方がルイはもっと楽しめるようになっているはずだから、また来てしまうんだろうな。やっぱり午後ではなく、朝一に来なくては。
| comments(0) | - | 23:46 | category: おでかけ |
# SALON DES VINS 2007
今年も Salon des Vins(ワインの見本市) の季節がやってきました。11月23日から27日までPorte de Versailleで開催されています。



本当は、日本帰国前に人ごみに連れていって変なウィルスに感染させたくないから、今年はルイと私はお留守番かなぁと思っていたのですが、やっぱり行ってしまいました!
今年はだんなさんの同僚のフランス人男性とその息子くんも一緒です。

去年同様、広い会場の中はたくさんの人であふれていました。とても広いので全部回るのはとうてい無理。事前に行きたいところをチェックしておくのが一番かな。今回はだんなさんの同僚のおすすめと、だんなさんが気になるところを、ワイングラス片手に回りました。



去年は妊婦だったのでティスティングできず、そしてもちろん今も授乳中なので飲めないんですが、ティスティングには一応参加。香りとひとなめ味わって、後はバケツへ。
私もだんなさんもあまり甘いワインは好きではないのですが、今回同僚さんのおすすめで甘めのワインを何種類がティスティングした結果、甘いワインでもけっこう好きな味があり、新たな発見。
今年は甘いワインを含めて5本のワインを購入しました(時間がないので、買ったワインの紹介は省略〜)

ちなみに、ルイは会場に着いた途端愚図り始め、もしやティスティングどころではなくなるか、と思ったのですが、会場内を散歩しているうちに眠りにつき、私たちがティスティングしていた2時間の間ずっと眠っていてくれたのでした。ラッキー。ルイが泣き虫であることを知ってる同僚さんもこれにはびっくり、大喜び(笑)もしやワインの香りで酔っ払っていたのだったりして〜。


さすがに来年は卒乳してアルコール解禁になっているはずだし、ティスティングを思う存分楽しめるはず。それに来年からはルイの生まれ年2007年のワインも出てくるし、今年よりも楽しめるかも。

| comments(12) | - | 23:02 | category: おでかけ |
# PRIX DU JOCKEY CLUB
毎年6月の第一日曜日にシャンティイ競馬場(Hippodrome de Chantilly)にて開催されるダービーJOCKEY CLUB賞。競馬の最優秀3歳馬を決めるレースで、フランスでは凱
旋門賞に次いで大きなレースだそうです。

競馬に興味があるわけではないのですが、以前シャンティイに訪れた時に是非レースを観てみたいなぁと思ったのです。


レースは午後からなのですが、せっかくなので朝早く出発し、シャンティイ城(Chateau de Chantilly)の庭を散歩&ピクニック。




ここのお城、あまり混んでいないので、私たちのお気に入りなんです。(この時期、ヴェルサイユ宮殿なんて大行列出来てますから・・)。特に午前中は、ちらほらっていう程度しか人がおらず、かなりリラックスできます。それに、緑も多く、鳥もたくさんいて、自然いっぱい。ルイにはなるべくたくさん自然にふれあってほしいので、パリに住んでても、こういう自然に溢れた場所に簡単にいけるのは良い所だなぁと思います。



ここ最近雨続きだったので、太陽の光が本当に気持ちよい。ルイも白鳥さんも気持ち良さそうにお昼寝。


そして木陰でピクニック。適当にささっと作ってきたサンドイッチでさえ、外で食べるとやっぱり美味しい。
ちなみにあまり日差しが強くないからと油断して日光の下で昼寝してただんなさん、日焼けして赤くなってました・・。


そして、競馬場へ。


午後13時45分開始。全部で8レースあって、メインであるJOCKEY CLUB賞のレース(7レース目)が始まるのが17時過ぎ。それまでお城でゆっくりしていても良かったのですが、とりあえず一番最初のレースから観ることにしました。

まずはパドックで出走馬のチェック。


そして、レース情報を見ながら、どの馬にどうやって賭けるか検討。ルイも真剣です〜。
ちなみに馬券売り場は至る所にあったので、あまり並ばずに済みました。馬券購入用の自動販売機もあり、その道のプロっぽい人たちが真剣な眼差しで購入されておりました・・。


コースに向かう馬&騎手をお見送り。「がんばって〜!」


コース前の芝生の上でレース観戦。もちろん席もありますが、芝生の上でピクニックしながら観ている人たちもけっこういました。


いよいよレース開始。競馬場は広いのでモニターを観ないとレース状況はわかりませんが、ゴール間近だけは別。みんな大盛り上がり!さて、結果は?


メインレース、だんなさんが事前に評判をネットで調べていったので、その情報をもとに2枚(4euros)馬券を買いましたが、ハズレ。でも、4eurosしか賭けなかったので、まぁいっか。
でもね、練習と言って、第1レースの馬券を1枚(2euros)だけ購入しただんなさん、なんとアタリ、12eurosになりました〜
こんな小さな小さな賭けで喜ぶ私たち、でもそれでいいんです

レースを楽しみながら、途中でアイスを食べたり、ビールを飲んだり(←だんなさん)、ルイもおっぱい飲んだりして、楽しく過ごせました。ちなみに凱旋門賞の時は帽子を被ったお洒落さんがいっぱいいたけれど、正装しているのはVIP、そして一部の人ってくらいでした。人間ウォッチングは凱旋門賞の方が面白いかも。

また来年も観に来ようかな。
| comments(4) | - | 22:05 | category: おでかけ |
# バザーに行ってみた
今日は在仏日本人会の格安バザーが開かれるっていう良い情報をomachiさんに聞いたので、朝からだんなさんとルイと一緒に行ってきました。

シャンゼリゼ通りにはバザーに行くらしき日本人がちらほら。昨日会ったばかりのomachiさん一家にも会いましたわ。会場も人でいっぱい。

この日の一番の狙いは北海水産(ヨーロッパで海産物の販売をしているオランダの会社)のお魚。本マグロとかたらこ、めんたいこなんていうのも惹かれましたが、結局、鯵の開き2袋に鰯のみりん干しだけお買い上げ。普段もたまに利用したいけど、200ユーロから利用可なので、やっぱりグループ購入じゃないと難しいか・・。

行く前に「たこ焼きも食べたいね〜。」ってだんなさんと話していたのですが、レンジで温めてねって感じのやつだったので購入せず。ま、そう広くはない室内でのバザーだし、焼きたてをすぐに食べるのは無理なんでしょうね・・。

あとは子供服とか本とかのバザー、掘り出せば良いものがあったのかもしれないけれど、とっても混み混みでパッと見てあきらめました。

結局お魚だけゲットして(でも鯵の開きを安くゲットできて満足)、さっさとお家に帰りました。
で、午後は近所の公園でルイのベビーカー練習。まだ体が小さめだし腰もちゃんと据わってないので、ずっとベビーカー使ってなかったのですが、少し慣らしておこうかなと。体がどんどんずり落ちていっちゃうので、おしりの下にストールをひいて、頭には枕を。

とりあえずは嫌がらずに乗ってくれました。でもベビーカーのベルトを舐め舐めしながらね。

長い時間乗ってるとどうしてもずり落ちてきちゃうので、しばらくは乗るにしても短時間にとどめておいた方が良さそうです。それに、抱っこ紐で前抱きに抱っこすると、手足をバタバタ動かしたり、たくさんしゃべったりして楽しそうにしているので、まだまだ抱っこ紐生活は続くかな。




| comments(3) | - | 23:57 | category: おでかけ |
# 生後一ヶ月の記念に
今日2月4日、ルイは生後一ヶ月になりました。

ということで、記念にノートルダム寺院へ行ってきました。お宮参りの代わりってことで。

目指すは教会の中ではなく、上に登ること。実は私たちもまだ登ったことがありませんでした。冬と言えど、やはり行列はできてます。しかも日陰に並ばねばならず、待つのはかなり寒い!私が一人並んで、だんなさん&ルイは日向で散歩していてもらいました。

そうして、並ぶこと40分、ようやく中に入れましたが、何段もの螺旋階段を登らねばならず。ルイを抱っこしているだんなさんも大変そうでしたが、私も倒れそうなくらい疲れました汗妊娠中も産後もそれなりに歩いているつもりだったけど、足の筋肉が全く衰えた感じ。これも産後の疲れなのか、単なる運動不足か・・。

そしてようやく上に。
今日は快晴。雲一つありません。光の加減で上手く写真が撮れなかったけれど、パリの街並は上から眺めるととても素敵。



そして、これこれ、ガーゴイル(gurgoyle)
これに会いたかった〜!



ノートルダムの上ももちろん寒かったので、ちょっと心配だったのですが、ルイは相変わらず眠りっぱなし。

上にいたスタッフのおじさん曰く、「ノートルダムに登った最年少記録だよ〜。ギネス記録!」とおっしゃってました。ウソかホントかともかく、まあ確かに生後1ヶ月でここに登るべべはあまりいないでしょうね。

初メトロも問題なくクリアできたし、終始大人しくお出かけできて良かった良かった


ちなみに夕方はだんなさんの研究所に所属する日本人たちのホームパーティがあったので、ちょっと顔出しに行ってきました。ということで、ルイ、パーティデビューも果たしました。

今日はいろんな所に引っ張りだしてしまって、べべとしてはどうなんだろう?ストレスが溜まっちゃうのかしら?でも外出は好きそうなので、これからもどんどんお出かけするつもりです。次はどこへ行こうかなぁ〜。


| comments(5) | - | 22:46 | category: おでかけ |
# UN WEEK-END SUR TERRE
16日(金)から本日17日(日)の3日間、エッフェル塔の下で農業展UN WEEK-END SUR TERREが開催されているということで、今日の午前中に行ってみました。

あまり調べもせずにマルシェに行くついでにおでかけしたので、到着したのは朝10時。ちょうど始まったばかりだったようで、人もまばらだし、各ブースも準備中のところが多かったです・・。

そうこうしている間に人もたくさん集まり始め、ブースも大賑わい。天気も良くなってきました。ブラスバンドによる演奏もあったり、大盛況。



各地方ごとにブースがかたまっており、それぞれチーズやハム、サラミ、ワイン、果物、お菓子などなどの特産品を売っていました。もちろん試食や試飲も盛りだくさん。1euros〜4euros程度を払って試食をさせてもらうものもありますが、多くは無料。私たちもブースを周りながら、試食、試飲しまくりました〜。寒い中飲んだスープも美味しかった♪

それにしても、やっぱりこういう所で実感するのは並ばないフランス人。無料の試食にたくさんの人が群がるのは仕方ないとして、お金を払って試食させてもらう列にちゃんと並んで待っていても、横から後ろから「3人分〜」とか「こっちは2人分〜」と言って、奪い去っていく人達の本当に多いこと汗シャイでは生きていけないなぁと思うのでした・・。


これは作り物の牛さんですが、ちゃんとミルクが出ます〜。


ノルマンディ地方のブースでは、なんと牡蠣の試食もあり(これも無料)。ものすごーく食べたかったのですが、妊娠中ということで泣く泣く断念。出産したら思う存分、食べてやるーと心に誓ったのでした。


そして、アルデッシュ産の焼き栗は1euros。安いです。
先日散歩中に一人で焼き栗を堪能した私。その話を聞いただんなさんは羨ましがってたので、可哀想だから、ちゃんと焼き栗を買ってあげました。
・・というのは(半分)冗談ですが、私も焼き栗大好きになったので買わずにはいられませんでした〜。やっぱりほくほくで甘くて美味しかった!


結局私たちは会場を2周もまわってから帰路につきました。その時にはすっかりマルシェも終わる時間になっており、家に直行です。でもお土産もいろいろゲットしたし、楽しかった〜。


ちなみに、先日長い散歩をしてから、どうやら恥骨痛が始まってしまった模様・・。歩きすぎて、ベベがとうとう下がってきたのかもしれません。すごく痛いと聞いていたのですが、確かにおっしゃる通り、すごく痛い!!その後も日に日に痛くなってきてます。臨月の妊婦さん、みんなこの痛みを乗り越えてきたのね・・と思うと、やっぱり尊敬します。(まあ、出産時の痛みに比べたら、きっと大したことない痛みなのかもしれませんね・・。)
| comments(6) | trackbacks(0) | 22:46 | category: おでかけ |
Recommend
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides)
Lonely Planet Walking in France (Lonely Planet Walking Guides) (JUGEMレビュー »)
Sandra Bardwell, Miles Roddis, Gareth McCormack, Helen Fairbairn
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links